就活生要注意! 面接でやってはいけない5つのタブー

就職活動の中で必ず面接の機会があります。自己分析をしっかり行い、質問対策も完璧にこなしているはずなのに、なぜか良い結果を貰えない……なんてことも少なくないのでしょうか。そんな方は実は面接でやってはいけないタブーを犯しているのかもしれません。そこで今回は面接で気をつけたい5つのタブーをご紹介します。


1. 悪いクセを出している

知らず知らずのうちにやっているクセってありますよね。無意識的にやっている行為であるため、自分ではなかなか気が付きにくいものです。貧乏揺すりや爪を噛んだり、髪を触っていたり……。悪印象を与えてしまうのは間違いないため、自分のクセを客観視して気をつけてみましょう。

2. 横柄な態度をとる

足を組んだり、腕を組んだり、ふんぞり返ったり、王様気分で面接に臨んでいないか気をつけてみましょう。そうした態度をとっている就活生は人事担当者から見たらプライドの高いだけの学生に思われてしまいます。

3. 自説を論じる

就活生は説明会や面接の間に感じていることがいくつかあります。立場をわきまえない自説を展開しても、良い印象を持たないばかりか、社会人経験のない学生の自説など荒唐無稽なことが多いものです。聞かれていることに面接で話す自分の考えは、自分の立場に応じたものを選びましょう。

4. 腹を立てる

圧迫面接などで答えにくい質問や、癪に障るような質問を受けることもあるでしょう。だからといって、感情的にムキになったり、不快な表情を見せてはいけません。すぐにイライラしてしまう人間を企業からしても取りたくないので、精神的に余裕をもって臨みましょう。

5. 「家庭の事情」にする

面接の中では、自分の過去・現在・未来について話さなくてはなりません。過去を語る上で、自分の意志決定を家庭の事情にしてしまうと、自主性がないと判断されてしまいます。たとえ、家庭の事情でそうした決断に迫られたとしても、説明する際には自分の中で論理付けをしておきましょう。

気付かないうちにやっているタブーがあるかもしれません。内定を獲得するためにも面接のマナーを対策しましょう。

前の記事

「就職活動の面接で退室するときのマナー」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

就活に悩んでいる学生のための

「絶対内定のビーカイブ就活塾」

    
コメント