「最近感動したことは何ですか?」面接・エントリーシートの質問対策

「最近感動したことは何ですか?」

就職活動中の面接やエントリーシートでもよく質問されます。最近の感動だけでなく、

「人生で一番感動したことは何ですか?」
「最も感動したことは何ですか?」

という質問をされることも多いです。面接・エントリーシートの「感動」に関する質問対策のコツを紹介します。


最近感動したことの時間はいつまで?

「感動」に関する質問は、直近で感動したことがあれば、そのエピソードを伝えるようにしましょう。ただ、いつも直近で感動したことがあるわけではないはずです。1年以内くらいに一番感動したことを答えればよいでしょう。最近感動したことがない場合は、今までで一番感動したことを書きましょう。

「感動」質問回答のポイント

最近のことでも人生で一番感動したことでも対策方法は同じです。

  • 何に感動したか?
  • なぜ、感動したのか? その具体的な理由は?
  • 感動した感情はなにか(喜び、悲しみ、怒り、苦しみなど)?
  • 感動した結果、何を感じたか? 何かを変えたい・改善したいと考えたか?

をポイントに考えればよいでしょう。感動したことは、家族、友達、テレビ、映画、音楽などなんでも構いません。感動した理由を具体的に伝えましょう。また、感動した結果、何かを変えたいと感じた場合は、そのことも伝えるようにしましょう。

具体例

最近感動したことは、地震に関する●●という本です。災害に関する支援の現実、今後の改善に関する提案が書かれていました。この本を読んで、自分が災害への支援を忘れていることに気づかされ、悲しくなりました。改めて、ボランティア活動、自分でできる範囲内での支援活動をしていきたいと強く感じました。

感動することは人それぞれです。何に感動し、どんな感情を抱き、どう改善したいと感じたかを伝えるようにしましょう。

「感動」に関する質問の頻度は少なく、想定していない質問にどう対処できるかを見られているケースもあります。「最近感動したことは何ですか?」と質問されたら、今回紹介したポイントを踏まえて、具体的に説明するようにしましょう。

前の記事

「得意科目・苦手科目は何ですか?の質問回答例【面接・履歴書・エントリーシート共通】」

    
コメント