最終面接(社長面接・役員面接)の逆質問例

最終面接は社長面接・役員面接のケースがほとんどです。相手は会社のトップなので、一次面接や二次面接と同じ逆質問ではいけません。最終面接を合格し内定を獲得するのに役立つ逆質問例を紹介します。


最終面接での逆質問ポイント

最終面接は社長が担当することがほとんどです。社長でない場合は、かなりの重役クラスの役員が担当します。あなたが社長なら、最終面接の逆質問で、一般的な逆質問をされたらどう思いますか? 例えば、

  • 現在の仕事内容を教えて下さい。
  • 1日の仕事の流れを教えて下さい。
  • 1年を通じてどのような仕事がありますか?
  • 仕事で大変なことは何ですか?
  • 仕事で悩んでいることはありますか?
  • 仕事で楽しいことは何ですか?
  • 同業他社との大きな違いは何ですか?
  • 若手社員はどれくらい活躍をしていますか?
  • ●●の経験を活かしたいと考えておりますが、御社へ貢献することは可能でしょうか?
  • もし内定をいただけた場合、入社日までに学んでおくべきことは何でしょうか?
  • 研修やキャリア開発には、どのようなものがありますか?

のような、社長じゃなくても答えられる質問をされて嬉しいでしょうか? 筆者も社長になって感じますが、そんなこと一次面接の段階で聞いてよとか、もっと別のことを質問してほしいなと感じます。

内定獲得する質問

それでは、最終面接で社長の気持ちをつかむ逆質問のポイントは何でしょうか? それは、社長にしか答えることができないような質問をすることです。社長は個性が強いので、社長にしか答えられないような質問をすると好印象になりやすいです。例えば、

  • 社長が会社経営で一番大切にしていることは何ですか?
  • 社長の夢は何ですか?
  • 主力のビジネスモデルを始めようと考えたきっかけは何ですか?
  • 会社がここまで成長した一番の理由は何ですか?

など社長しか答えられないような質問をしましょう。社長は、今までたくさんの面接を行っているので、今までされたことない質問であれば好印象となりやすいでしょう。逆にありきたりの質問は悪印象になるので注意しましょう。

逆質問されなかったときは?

最終面接(社長面接・役員面接)では、そもそも逆質問の時間が準備されていないケースもあります。社長クラスになると時間はかなり細かくスケジューリングされているので、無理に逆質問することはありません。

逆質問を準備したけれど、「最後に質問はありますか?」と逆質問されないケースもありますが、逆質問事態がない、次の面接時間が迫っているかのどちらかです。次の面接時間が迫っている可能性もあるので、

「せっかくの機会ですので、ぜひ質問をしたいのですが、次の面接などのお時間は大丈夫でしょうか?」
「せっかくの機会ですので、ぜひ質問をしたいのですが、お時間頂くことは可能でしょうか?」

のように逆質問をすることが可能か確認しましょう。社長のスケジュールもあるので、様子を見ながら、逆質問をするかどうか決めましょう。

最終面接では、社長や役員にしか聞けない質問をするようにしましょう。ありきたりの逆質問をすると、落ちる可能性もあるので注意しましょう! 逆質問は最終面接とそれ以外の面接で分けることが大切です。最終面接以外の逆質問は、

「就活面接で思わず採用したくなる逆質問集(最終面接以外)」

が参考になります!

次の記事

「最終面接の結果待ちで辛い…内定の結果連絡までの平均日数は?」

前の記事

「エントリーシート、一次面接などの通過率をふまえた最終面接の合格率」

    
コメント