お礼メールは選考に有利? 一次面接でのお礼メールの書き方

一次面接が完了したら悩むこと。それはお礼メールを送るかどうかです。これは人事担当者によって印象が変わってきます。お礼メールを送るべきかどうか、一次面接でのお礼メールの書き方について紹介します。


お礼メールは選考に有利?

お礼メールは選考に有利と考える人もいます。しかし、送ったところで面接の段階で結果は決まっています。不合格になった人が、お礼メールを送ったからといって合格になるわけではありません。ただし、会社の規模によってはお礼メールが採用に有利に働くケースもあります。

大企業とお礼メール

大企業の場合は、お礼メールは送らないほうがよいケースが多いです。なぜなら、お礼メールがたくさんくるからです。その中で一次面接の段階で送るのは避けたほうが良いでしょう。ただし、お礼メールを喜ぶ人事担当者がいるのも事実です。大企業に関しては、自己判断することが大切です。

中小企業とお礼メール

中小企業の場合、お礼メールは送ったほうがよいでしょう。中小企業では採用応募者の応募数が少ないため、1人1人の印象が強くなります。そのため、お礼メールを送ると、人事担当者の印象がよくなり、選考が有利に進むかもしれません。例えば、社員が数人のベンチャー系企業のように人数が少ない会社であれば、お礼メールを送ったほうが熱意があるとみなされ、印象が良くなるでしょう。

一次面接のお礼メールの書き方

一次面接が終わったら、その日のうちにお礼メールを送りましょう。それでは、注意点を項目別に紹介します。

宛先

使っているメールの連絡先に登録をします。「●●株式会社 ●●様」といったようにきちんと会社や名前を入力しましょう。直接メールアドレスを打ち込むと、相手にメールアドレスだけが表示されるので、連絡先を登録するのがマナーです。就職サイトで選考のやりとりを行っている場合は、就職サイトを通じて連絡するので必要ありません。

件名

一次面接のお礼メールであると件名でひと目でわかるようにします。

【一次面接のお礼】
【一次面接のお礼 ●●大学●●】
【採用面接のお礼】
【採用面接のお礼 ●●大学●●】

本文

相手の名前を入力したら、感謝の挨拶とともに自分の名前を名乗ります。次に、志望に関する熱意を簡潔に伝えましょう。最後にお礼を言ってメール本文は完成です。一次面接のお礼メールで長文はさけましょう。シンプルにするのが基本です。

署名

学生でも、署名は忘れずに! 使っているメールの署名登録で、大学名、名前、連絡先は最低限入れておきましょう。

書き方例

宛先
●●株式会社●●様

件名
【採用面接のお礼(●●大学●●)】

本文

●●株式会社
●●様

●●大学●●学部の●●です。
本日はお忙しい中、一次面接のお時間をいただき
誠にありがとうございました。

今回の面談を通じて、改めて貴社の社員として働きたいと
いう思いがますます強くなりました。

取り急ぎ、本日の面接の御礼を申し上げたくご連絡
いたしました。

何卒よろしくお願い致します。

===================================
●●大学 ●●学部
●●●●
TEL:090-●●●●-●●●●
MAIL:●●●●●@●●.com
===================================

メールの注意点

メールは改行を活用し、見やすくします。25〜30文字で1行が基本です。3〜4行毎に改行をし行間を入れましょう。ただし、お礼メールは長文だから好印象なわけではありません。むしろシンプルに感謝の気持ちと志望に対する強い気持ちを簡潔にアピールしましょう。

一次面接のお礼メールの必要性は、受ける会社の規模に応じて変えましょう。また、お礼メールを送る場合は、簡潔な内容を心がけましょう。

次の記事

「一次面接の結果ってどれくらいで連絡が来るの?」

前の記事

「一次面接対策のコツ! 一次面接を通過する人、落ちる人の違い」

    
コメント