一次面接、二次面接、最終面接の違いを理解して個人面接対策をしよう!

個人面接は、集団面接とは異なり、学生1人に対して面接官が1人から数人で行う面接です。一次面接、二次面接、最終面接の違いを理解して個人面接対策をしましょう!


個人面接のタイミング

個人面接は、一次面接から始まることが多いです。大企業や人気企業の個人面接は、二次面接から始まります。人気企業はエントリーシート、集団面接もしくはグループディスカッションで足切りを行ってから個人面接を行うことが多いからです。

面接官の人数

学生1人対面接官1人の完全個人面接から学生1人に対して数人、役員面接では役員全員が揃うこともあります。

面接時間

個人面接は、学生のことを深く知るために行われます。集団面接と違い、1人あたりにかける時間は長いので事前準備が必要です。面接時間も30分〜60分ほどとなります。

面接内容

面接内容は、エントリーシートや履歴書の内容をもとに進められます。志望動機の発表から具体的な理由などを「なぜ?」「なぜ?」と質問されます。志望動機や自己PRなどを中心に内容に矛盾がないか、具体的にどう考えてその結果となったのかなどかなり細かい部分まで質問されます。一次面接、二次面接…最終面接と進むに連れて質問される内容が変わってきます。

一次面接の特徴

一次面接は、エントリーシートや履歴書の内容が本当かどうかを確認していきます。若手社員が面接官になることが多く、自己PRや志望動機などをわかりやすく説明することが大切です。また、第一印象が結果を左右するので、服装や身だしなみには注意が必要です。

「一次面接対策のコツ! 一次面接を通過する人、落ちる人の違い」

二次面接以降の特徴

二次面接以降は、中堅社員が面接を担当します。一次面接よりも質問される内容が深くなり、「なぜなぜ質問」も繰り返されます。小手先だけのテクニックでは二次面接以降で落とされます。深い質問がきてもきちんと回答できるような対策が必要です。

「二次面接以降の対策のコツ! 二次面接で落ちる人、通過する人の違い」

最終面接の特徴

最終面接は社長や役員が面接を担当します。質問も深く鋭いものが多いので、最終面接前に自己分析や企業研究を深めることが大切です。入社の意思確認に関する質問も多いです。しっかりした対策と熱意を伝えることが最終面接を通過するポイントです。

「最終面接対策のコツ! 最終面接で内定獲得できる人、落ちる人の違い」

個人面接を通過するために、一次面接、二次面接、最終面接の違いをおさえておきましょう。

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

就活に悩んだら

「完全マンツーマンのビーカイブ就活塾」

    
コメント