面接で「最後に何か質問はありますか?」と聞かれたときの逆質問の意図とは?

就職活動の面接で自己PRや志望動機を発表し、面接も完了。ホッとした瞬間に優しく面接官が、

「最後に何か質問はありませんか?」
「何か質問はありますか?」
「疑問点はありませんか?」

と聞かれることがあります。これを逆質問と言いますが、質問をしないとそれまでの面接内容がよくても選考から落とされる可能性もあります。なぜ、面接官が逆質問を行うのかその意図を知りましょう。


逆質問6つの意図

では、なぜ面接官が学生に対して逆質問を行うのか考えてみましょう。逆質問をするには、大きく分類して6つの意図があります。

1. 会社の理解度・志望度を知りたい

就活生がどれだけ業界研究・企業研究を行っても、全てのことがわかることはありません。そこで、どの程度会社を理解しているのか、逆質問で測ろうとしています。実際、志望度が高い学生ほど、会社がどのように利益を上げているか気になりますし、どんな業務内容なのか質問するものです。学生がどれだけ会社を理解し、志望しているのかを逆質問で確認しているのです。

2. 会社に興味があるかを知りたい

1. とも重複してきますが、本当に入社したい会社に質問がないということはあるでしょうか? しかも、今後長い時間を過ごす会社です。仕事内容や待遇、どんな人が活躍するのかなど質問がたくさんあるのが本来の姿です。そこで、逆質問をして質問があるかないかで会社に興味があるかないかを判断しているのです。

3. ミスマッチを避ける

就職後のミスマッチを避けるために逆質問を行うことも多いです。学生が企業の本当の姿を理解していないことが原因で、入社後早期に退職することを避けるためです。学生の疑問に答えることで、疑問点をなくし、本当に入社したいと思える学生だけを採用しようとしているのです。特に、

「疑問点はありませんか?」

という質問は学生が疑問に思っていることを解消するために質問をしていることが多いです。必ず、疑問に思う箇所を質問するようにしましょう。

4. 質問力をみている

学生の質問力をみている企業もあります。コンサル系など、質問力が業務内容に直結してくる会社もあります。学生からどんな質問がくるかで質問力があるかどうかをチェックしているのです。

5. 企業のイメージアップ

企業によってはイメージアップを行っていることもあります。最後に「何か質問はありますか?」と聞くことで学生に、きちんとしたいい会社だと思ってもらいたいのです。面接で落ちたとして、面接の対応がよければ企業のイメージも上がり、就職人気企業ランキングも上がるという意図もあります。

6. 学生の本音が見える

面接が終わると、学生はほっと油断をします。このタイミングを狙って、逆質問をすると学生の本音が見えやすいという企業の意図もあります。刑事ドラマで、取り調べを行った後に、「一つだけ聞きたいんだけど?」というシーンがよくあります。これは、取り調べが終わってホッとした時に、本当に聞きたいことを質問しているのです。よく、この何気ない一言がきっかけで事件解決していきますよね。これと同じで面接が終わったタイミングだからこそ、学生の本音が見えやすくなるのです。

まずは、なぜ面接官が逆質問を行うのか、その意図を理解することが大切です。次の記事では、逆質問でNGな質問を紹介します。

次の記事

「就活面接で「不採用」と思われる質問してはいけない逆質問」

前の記事

「想定外の質問がきたときの対処法。脱完璧主義のススメ!」

    
コメント