就活ジプシーとは何か?

就活に関しては毎年さまざまな新語が生まれています。そのひとつとして就活ジプシーなるものがあります。これはいったいどのようなものなのでしょうか。


就活ジプシーとは?

就活ジプシーとは何なのでしょうか。北野正人と佐川健太郎による『就活ジプシー』 (経営者新書)は、働く意味がわからない、やりたい仕事がないという悩みを抱えてさまよう若者たちの姿を描いたものです。いわば、理想の職場がどこかにあるはずだと思い求めていくうちに、右往左往してしまう若者の姿と言えるでしょう。そういう人は少なからず存在するのではないでしょうか。

ヒントがある

そうした若者に向き合ってきた経営コンサルタントによる指南書というべきものです。それはどういったものなのでしょうか。年長者の説教として、多少のブラックな労働環境にくらいは耐えてみたらどうかといったものなのでしょうか。そうしたものばかりではありません。まず本書が大事にするものは何に対して悩んでいるのかといった悩みの根源について探り当てるものです。「リッチピクチャー」というべきものですね。

個の確立

さらに本書は最終的に目標としているものは個の確立というべきものですね。自分を確立すれば、自ずとどのようになればいいのかが見えてくるのではないでしょうか。さまよう若者はまず手にとって損はない本だと言えます。

    
コメント