志望動機を「好き」だけで一点突破しようとする痛い学生

学生「貴社の●●というドラマが大好きで、あのような、人々を感動させるものをつくりたいのです!」
面接官「そうですか。観ていただきありがとうございます(ただのファンか)」

このように会社の商品やサービスが好きでしょうがない学生がいます。しかし、志望動機を「好き」だけで一点突破しようとするのは、面接官からすると痛い学生なのです。


会社が好きなだけの人はいらない

「好き」だけで採用選考を突破しようとするのは、マスコミやメーカーなどを受ける学生に多いパターンです。

「貴社の●●という食品を幼い頃からずっと食べてきました。おいしく、栄養満点でパッケージも素敵です。私もあのような商品に関わりたいのです」

このように、その商品・サービスに対して、「好きであること」をひたすらアピールをします。また、

「説明会で出会った社員がとにかく素敵で、このような社員の方と働いてみたいと思いました」
「とにかく社風にひかれました」

など、会社が好きであることをアピールする学生もいます。好きであることをアピールしてくれることは嬉しいことです。面接官をしている社員には、「愛」を重視する社員、あるいは学生からの「熱」に圧倒される社員もいます。しかし、選考はその会社を好きな人を採用するわけではありません。これから会社で活躍できそうな人材採用を目的としています。

好きなだけでは決め手にならない

人事部が知りたいのは、「好きな理由の本質」と、なぜ「仕事」や「職場」にしようと思っているのかです。実際、好きなことを仕事にすると、嫌な部分も見えてしまいます。大好きなテレビ番組を担当しても、不眠不休の作業に嫌気が差すことや、視聴率競争に疲れることもあるでしょう。大好きな商品を担当しても、その商品の不良在庫の山を見てしまうかもしれません。

それでも「好き」と言えるのか?
その「理由」はなんなのだろうか?
それを「仕事」にまでしたいと思うのはなぜか?

面接官はここを知りたいのです。「好きな理由」よりも「働く理由」を教えてほしいのです。

「好きだ!」と連呼する一方通行の片想いはストーカーと同じくらいイタいのです。志望動機を伝える場合に「好き」を利用している学生は注意しましょう!

参考本

「就活のバカヤロー」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

    
コメント