内定が決まったのに将来が不安になる「内定ブルー」の解消方法

無事就職活動を終えた就活生がかかってしまう内定ブルーをご存知ですか? 内定者の4割が当てはまるという内定ブルーとその解消方法をご紹介します。


内定者が抱える内定ブルーとは

内定ブルーとは、内定を獲得し入社先企業を決定した後に、将来に対して不安感に苛まれる症状のことです。

「本当にこの会社に決めて良いのだろうか?」、「もっと良い会社に入れたのではないのか?」など内定先企業への不安や、「自分はこのまま社会人になって大丈夫だろうか?」、「社会人になって本当に活躍できるだろうか?」などの社会人になることへの不安などでしょう。

内定ブルーは大きく分けて、以上のような「自身の選択に対する懸念」と「将来に対する漠然とした不安」、もしくはその両方に苛まれてしまう状態だと言えます。

なぜ内定者は内定ブルーになってしまうのか?

なぜ内定者は内定ブルーに罹ってしまうのでしょうか。理由の一つは内定前後で自分の持つ情報に違いが生まれているからです。内定前には企業分析でわかるような客観的情報がその企業への理解の多くを占めている一方、内定後には選考中の経験や入社後の働き方など主観的情報が多くなります。

そのため、企業分析では分からなかった企業のマイナス面が重く捉えるようになり、入社という選択を決めることの正当性が揺らいでしまいます。そして、隣の芝生は青く見えてしまうもので、入社先よりも良い企業があったのではないかと考えるようになってしまいます。

また、将来に対する漠然とした不安を感じてしまうのは、内定を貰ったからといって将来への明確なビジョンが明らかになるわけではないからです。内定をもらえば将来が決定すると考えてしまいがちですが、将来に対する不確実性は変わらず、あれこれと将来に関して思いを巡らせすぎて不安感を感じてしまいます。

内定ブルーの解消方法

内定ブルーを解消するためには、2つの方法があります。第一に、内定者と積極的に交流すること。就職活動においては、納得して企業への入社を決めることが重要になります。マイナス面を感じたとしても、一度は自分が入社を希望して選考に参加した企業であり魅力的に感じた点があるはずです。

内定者と積極的に交流することで、内定先の企業のその他の魅力を再認識することにつながります。また、ともに働く同僚でもあるため、将来に対するイメージも感じ、モチベーションアップにもつながることでしょう。

第二に、内定先企業の社内の人間と会話をすること。将来に対して漠然とした不安を感じている場合は、自分自身でキャリアに対して明確に考える必要があります。そのため、もう社会人として働いている未来の上司と話をして、その悩みを打ち明けてみましょう。社内の人間も内定を獲得した後は、より本質的な話をしてくれることでしょう。

内定から入社まで時間が長いということは、それまでに社会人になるための準備期間が長いということでもあるので、内定者・先輩上司と積極的に交流してみると良いでしょう。

次の記事

「先立つお金の問題を解決! 内定者は内定者ローンを組めるの?」

前の記事

「内定通知書っていつ貰える? 採用内定通知書が来ない場合はどうする?」

    
コメント