内定先からのメールが来た時どうすれば良い? 内定者なら知るべきメールマナー

志望企業からの内定を獲得し、就職活動を終え、後は学生生活を謳歌するだけ。とはいえ、内定先企業への対応にはしっかりとしなくてはいけません。今回は内定者となった時に、内定先からのメールにどのように返事するのかをご紹介します。


内定先へのメールの件名・書き出し

内定者に対するメールは、懇親会の誘いや内定者研修や内定式の連絡など、数多くあります。選考過程では、メールを送る機会がなかった就活生も、内定者になるとメール返信を迫られるようになります。そこでまずは、内定先へのメールとして、件名と書き出しの方法を学びましょう。

まずメールの件名としては、「こんにちは」や「◯◯大学の△△です。」などという件名で送ってしまうことが、やってしまいがちなミスです。ビジネスメールの礼儀として、日々多くのメールの対応を迫られる先方のために、メールだけで内容を示せるようにしましょう。例えば、懇親会のお誘いメールに対する返信であれば、「懇親会参加について」などと書くようにしましょう。

次に書き出しの部分ですが、会社名と(分かっている場合には、部署名)、そして名前を省略せずに書きましょう。そして、誰からのメールなのかが一目でわかるように自らも名乗りましょう。ビジネスメールでは、名乗る際には「お世話になります。」や「お世話になっております。」などが常套句として付け加えますが、学生のうちは「こんにちは。」などでも問題ないでしょう(あまり望ましくはありませんが)。

件名と書き出しに気をつけたのならば、あとは用件を簡潔に書きましょう。懇親会や内定者研修、内定式の連絡などの返信の際に、出席する場合には参加することに対する喜びの気持ちを、欠席する場合には参加できないことへの申し訳無さなどを添えると良いでしょう。

内定先への質問時はメール? 電話?

内定を受け取り、内定者面談などを終えた後でも、内定先に対して質問を持つことはあるでしょう。そんな場合には、メールと電話、どちらで尋ねるのが良いのでしょうか。実際のところは、電話でもメールでも問題ないと言えます。一般的には内定者はお客様扱いする期間が長いため、電話でもメールでもどちらでも構いません。心配である場合には、まずは電話して、今後さらに質問したいことが出てきた場合にどのように伺ったら良いのか尋ね、先方の指示を仰ぎましょう。

前の記事

「将来後悔しないために! 複数内定で迷った場合の決定法」

    
コメント