内定通知書っていつ貰える? 採用内定通知書が来ない場合はどうする?

企業から内定通知を受け取る際に貰えるのが内定通知書で、正式には採用内定通知書とも言います。就活生にとって、内定通知書が貰えるとひとまず安心というところですが、内定通知書が来ない場合にはどうしたら良いのでしょうか。今回は新卒採用の就活生にとって死活問題である内定通知書事情をご紹介します。


内定通知書はいつ貰える?

採用内定通知書とは、採用内定通知を書面上で表したものとなります。口頭(口約束)だけでなく書面にするということで、求職者にとって契約関係が成立したことの担保となります。そのため、採用内定通知書は口頭での内定通知を受け取った後の一週間程度で出されることが多いです。内定通知書は企業に直接赴いて頂くことも、郵送で届けられることもあります。

しかし、一方で新卒採用の場合には、倫理憲章に則り10月になってから内定通知書を発送する場合もあります。どちらの場合も考えられるため、内定通知書が来ない場合に戸惑う就活生も多いことでしょう。

内定通知書が来ない場合どうすれば良い?

口頭による内定通知を受け取ったにもかかわらず、採用内定通知書がすぐには来ない場合どうしたら良いのでしょうか。安心を得るために、最も直接的な方法は人事担当者に内定通知書を貰えるように連絡を入れてみることです。すぐに内定通知書を貰えない時に考えられるケースは大きく分けて2つです。

第一に、ある時期(10月)にならないと内定通知書を郵送することができない場合。
第二に、内定通知書自体を用意していない場合。
どちらの場合でも、就活生の不安を感じ取って、内定通知書を郵送してくれる可能性があります。

また、現在では内定者同士のコミュニケーションを積極的に図る企業も増えています。事前に内定者同士で連絡を取り合い、他の内定者も同様に内定通知書を受け取っていないか聞いてみましょう。もし、万が一自分だけが内定通知書を受け取っていない場合には、人事担当側の不備がある可能性も考えられます。

内定通知書が来ない場合の最悪のケース

メールでの内定通知や書面上での内定通知書を貰わずに、口頭での内定通知を受けた場合で最悪のシナリオを考えてみましょう。それは、口頭での内定通知がなかったことにされることです。企業側が突然の経営不振などで採用数を減らしたいと考えた場合に内定取り消しを一方的に行うことはできません。

そのため、慎重に採用内定を出すのですが、悪徳企業の中には内定通知書を用意せず形だけの内定を出すことで、急な内定取り消しを行うこともありえます。また、内定通知書を用意しないことで、雇用契約の明示を避けることもでき、入社時に伝えていたよりも低い給与とすることもありえます。

そのため、内定通知書を渡さないということはブラック企業の必要条件とも考えられます。こういったことから、内定通知書が来ないということは心配の種にもなりえるので、早期の連絡を行うことをおすすめします。

口頭と書類では契約の締結において大きく信頼感が異なります。内定を一方的に取り消される、当初伝えられていた労働条件とは大幅に異なる……などといった問題を回避するために、人事担当者など企業側に積極的に尋ねましょう。

次の記事

「内定が決まったのに将来が不安になる「内定ブルー」の解消方法」

前の記事

「内定通知って何? 採用内定通知を受け取った後の流れと注意点」

    
コメント