内定の意味とは? 内定と内々定の違いも知ろう!

就職活動生が就職活動の中で喉から手が出るほど、欲しいものは「内定」でしょう。しかし、内定の意味を正しく知っていますか? 内定と内々定の違いとは? 今回は就活生が知っているようで知らない内定の意味を紹介します。


内定の意味とは?

内定とは、始期付解約権留保付労働契約を結んだ状態のこととされています。始期付解約権留保付労働契約とは、文字通り「始期」と「解約権留保」という2つの条件が「付」いた労働契約のことです。

始期付きとは、就業開始日が労働条件に付いていることを意味します。つまり、採用の予定を確約している状態だと言えます。新卒採用の大学生は卒業後の4月1日からの勤務が条件とされていることが多いでしょう。

一方で、解約留保付きとは、雇用者(企業)が被雇用者予定者(学生)との雇用関係の解約を取り消す権利、つまり解約権を留保しているということを意味します。客観的合理性と社会的相当性の双方が認められた状態であれば、解約権を行使して内定を取り消すことが可能です。言い換えると、「内定取り消し」があるということは上記の客観的合理性と社会的相当性の双方が認められる必要があります。

内定時期は10月以降に出されます。詳しくは、

「就職活動の内定時期っていつ? 内定連絡はいつ来るのか?」

を参照して下さい。内定が決まった段階では契約が成立していることになるので、きちんとした手続きで契約解除を行わければなりません。

内定と内々定の違いって?

内定と内々定は本質的には大きく異なります。内定は上記の通り、始期付解約権留保付労働契約が締結されている状態である一方、内々定はそういった契約が締結されていない状態のこととみなされます。そのため、内々定は内定の約束に過ぎず、書面ではなく口約束の形で出されることが多いでしょう。内定の時期が10月1日以降という決まりがあるため、9月までに出されるのが内々定である一方、10月以降に出されるのが内定である場合が多いとされています。

内々定では学生も企業も安心できない?

内定は上記の通り、客観的合理性・社会的相当性が認められない限り、企業から契約を取り消すことはできません。もし内定を取り消す場合には、ハローワークへの通知や、内定取り消しを行った企業名の公表がなされるなど、雇用主である企業は内定取り消しを簡単にはできないと言えます。

一方で、内々定には契約関係は存在しません。そのため、内々定の取り消しは問題にならず、雇用予定者である学生からの損害賠償請求も原則認められません。そのため、学生からすると内々定で完全に安心できない事情も潜んでいます。

また一方で、内々定を出されたからといって、学生も他企業の就職活動を続けても問題ありません。企業は多額の費用を投じて、優秀な学生を見出し内々定という約束まで取り付けたにも関わらず、内々定取り消しをされてしまうリスクがあります。そのため、企業からしても内々定では安心できない事情もあり、内定が出せる時期まで学生を繋ぎ止める施策をアレコレ考えるのです。

とはいえ、内々定を出した学生に対して安易に約束を取り消さない企業と、内々定先の企業を複数抱えて最後に秤にかけるような学生がマッチングした場合には内定と内々定の違いはなくなります。安心するためには、双方が信頼に足る行動を取ることが必要なようです。

内定の意味や、内定と内々定の違いなど学生にとっては盲点でしょう。働く前に今一度、自身の労働契約を見直してみるのも良いでしょう。

次の記事

「就職活動の内定時期っていつ? 内定連絡はいつ来るのか?」

    
コメント