リクルートスーツはなぜ地味なのか?

この季節、街角にはリクルートスーツに身をまとった学生たちの姿をよく目にします。彼らは就職活動の最中なのでしょう。リクルートスーツに、革靴に、ぺたんこのビジネスバッグという、セオリーとも言える格好があります。リクルートスーツは正直いって地味です。なぜ、リクルートスーツは地味なのでしょうか?


無難なスタイル

就職活動には、さまざまなしきたりがあります。それはルールとして明文化されたものではなく、日本的なあうんの呼吸の中で成り立っています。例えば何かの集まりに、平服でお越しください、と言って本当に私服で行く人はいないでしょう。リクルートスーツもそうした日本流のしきたりの中に組み込まれています。リクルートスーツの色は圧倒的に黒が多いです。黒は、清潔感もありますし、下手な自己主張もありません。礼服など、かしこまった場所でも黒のスーツを着用するように、就職活動の場所でも黒が良いとされるのです。いわばもっとも無難なスタイルとして黒が選ばれているのです。

新しいスーツを買うため?

さらに、これは笑い話的な都市伝説ですが、リクルートスーツが地味なのは、就職してから新しいスーツを買わせるためという話もあります。確かに、リクルートスーツは地味ではありますがフレッシュな印象を与えます。一方で、いつまでも垢抜けないといった印象も与えます。そうなると、自然な欲望としてやはり新しいスーツに手が伸びるのかもしれません。

「春の上京あるある、私鉄の特急は料金不要?」の詳細を調べる

    
コメント