OB・OG訪問とは? 就活前にOB・OG訪問を行うべき理由

就職活動が本格化する前に、OB・OG訪問を行うと就活を有利に進めやすくなります。OB訪問を必ず行う必要はありませんが、出来る限り就活前にOB・OG訪問を行うべき理由を紹介します、


OB・OG訪問とは

OB(old boy)、OG(old girl)の頭文字をとっており、学校や部活動の引退した人のことを言います。興味のある業界や企業で働いている先輩を訪ね、実際の仕事内容や会社の雰囲気などを質問することができます。それでは、OB・OG訪問を行いたくなるメリットについて紹介します。

本当の情報がわかる

OB・OG訪問は、ホームページや企業説明会ではわからない企業の生の情報を知ることができます。実際の会社の雰囲気、仕事内容、働き方など、OB・OG訪問でしかわからない情報がわかります。OB・OG訪問で聞いた内容を志望動機に利用することで、他の学生との差別化も可能となります。

業界・企業研究になる

OB・OG訪問を行い、リアルな業界情報や会社の情報を聞くことで、業界・企業研究につながり、自分が働きたい業界や会社がより具体的になります。OB・OG訪問を行うことで、もっと興味を持ったり、入社意欲がなくなることもあります。就職してから後悔することを避けるように、積極的にOB・OG訪問を行いましょう。

企業が求める人物像が具体的にわかる

企業研究で大切なことは、企業が求める人物像を知ることです。OB・OG訪問では、訪問相手がどんな人物なのかチェックしたり、どんな人がどんな仕事を担当しているかなどを聞くことで、企業が求める人物像を具体的に知ることができます。求める人物像が具体的に分かれば、就活対策にかなり有利となります。

選考の流れがわかることも

訪問する先輩にもよりますが、フランクな人であれば、なかなか聞けない面接や試験などの選考の話を聞けることもあります。先輩がどんな選考を受けて、どんな対策や解答をしたかを聞くことで、就活対策にかなり役立ちます。

就活のアドバイスがもらえることも

訪問する先輩にもよりますが、就活のアドバイスがもらえることもあります。実際に就活を勝ち抜いてきた先輩のアドバイスはかなり参考になります。どんな対策をすればいいのか聞く機会があれば、いろんなアドバイスをもらうようにしましょう。

面接対策にもなる

就活生は、意外と社会人と話す機会が少ないものです。そのため、社会人というだけで緊張してしまいうまく会話ができない学生も多いです。OB・OG訪問を行うことで、社会人と話す経験が積めます。また、OB・OG訪問の内容は、採用選考に影響があることが多いため、プレ面接対策にもなります。チャンスがあれば、多めにOB・OG訪問を行うようにしましょう。

大学によってはなかなかOB・OG訪問ができないこともあります。OB・OG訪問は就活に必須でありませんが、機会があればOB・OG訪問を行うようにするのがおすすめです。

次の記事

「OB・OG訪問の流れ」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

就活塾なら

「ビーカイブ就活塾」

    
コメント