OB・OG訪問の事前準備と質問リスト

OB・OG訪問は事前準備が大切です。また、事前準備と合わせて聞いておきたい質問、聞いてはいけない質問リストも紹介します。


事前準備

OB・OG訪問前に、業界研究・企業研究をします。また、自己PRや志望動機なども作成をしましょう。これらの情報をふまえた上で、質問を考えます。特に、事前準備をした上でわからないところを質問すると選考に進むときに有利になります。事前準備は大変ですが、きちんと準備をしましょう。

聞いておきたい質問

質問するときは漠然とした質問をするより、具体的に質問をするようにしましょう? やりがいは何ですか? のように漠然とした質問は答える側も困ってしまいます。相手のことを考えて具体的な質問を心がけましょう。それでは聞いておきたい質問リストを紹介します。これらの質問の中から必要な質問をするようにしましょう。また、自分が聞きたい質問はこのリストになくても聞くようにしましょう!

  • 現在の仕事内容を教えて下さい。
  • 1日の仕事の流れを教えて下さい。
  • 1年を通じてどのような仕事がありますか?
  • 仕事で大変なことは何ですか?
  • 仕事で悩んでいることはありますか?
  • 仕事で楽しいことは何ですか?
  • 同業他社との大きな違いは何ですか?
  • なぜ、入社を決意したのですか?
  • 先輩の採用プロセスはどのような流れで進みましたか(筆記試験、面接なども詳しく聞くのも可)?
  • 会社の雰囲気はどうですか?
  • 働きやすい環境ですか?
  • 新入社員の頃どんな仕事を経験しましたか?
  • 若手社員はどれくらい活躍をしていますか?
  • 配属の希望はどこまで通りますか?
  • どのような人材・能力が求められていますか?
  • 入社前と入社後で違うと思ったことはありますか?
  • 入社して思う会社の良い点、悪い点を教えて下さい。
  • 就職活動を進める上でアドバイスがあれば、教えて下さい。
  • (女性が)私は出産後も働きたいのですが、

などです。基本的には仕事に関係すること、後半は就活のアドバイスも質問すると時間配分もちょうどよいでしょう。

聞いてはいけない質問

OB・OG訪問では、聞くのを避けたい質問があります。それでは、詳しく見ていきましょう。

1. ホームページにある情報

大前提としては、ホームページに載っていることや、調べたらすぐに分かることは聞いてはいけません。例えば、売上高や営業利益がIR情報として開示されているのに

売上高はどれくらいですか?
営業利益はどれくらいですか?

と聞くのはNGです(中小企業など売上高データが開示されていない場合はむしろ質問しましょう)。

2. 福利厚生・待遇

次に避けたいのが、休日、給料などの福利厚生や待遇面です。実際この辺りの情報は、就職サイトに詳しく書かれています。

  • 福利厚生はどうですか?
  • 給料はどれくらいですか?
  • サービス残業は多いですか?
  • 有給休暇は使えますか?

などです。福利厚生や給料を聞くとやる気があるのかな? と思われるので質問するのは避けましょう。

3. 困る質問

面接官が答えに困る質問もやめましょう。例えば、

  • サービス残業はあるのですか?
  • 長期休暇はとれますか?
  • 有給休暇はぶっちゃけとれますか?
  • 社長が理想としている経営戦略って何ですか?

4. 漠然とした曖昧な質問

さらに避けたいのが、もっともらしい漠然とした曖昧な質問です。何も考えていないのがバレます。例えば、

「やりがいは何ですか?」

はNGです。これは面接官に担当するとわかるのですが、何度も質問されます。しかも、「やりがい」って回答しづらいですよね? 「どのやりがい?」って突っ込みたくなります。漠然とした質問は、とりあえず質問しているように感じるので、「仕事で一番やりがいを感じるときはいつですか? なぜそう思うのかも教えてください。」のようにもっと具体的に質問をしましょう。その他にも

  • 仕事とは何ですか?
  • プロフェッショナルとは何ですか?
  • 会社とは何ですか?

のような漠然とした質問もやめましょう。質問する際にも、相手が答えやすいような質問をすることも大切です。

OB訪問は事前準備が大切です。あらかじめ業界研究・企業研究、自己PR、志望動機などを考えた上でわからない点や疑問に思う部分を具体的に質問するようにしましょう。表面的な質問をするのではなく、ホームページや説明会だけではわからない具体的な情報を聞き出し、選考を有利に進めましょう。

次の記事

「OB・OG訪問当日のマナー」

前の記事

「OB・OG訪問のアポイントを取る電話のかけ方」

    
コメント