OB・OG訪問のお礼メールの書き方

OB・OG訪問が終わったら、その日のうちにお礼メールを送りましょう。お礼メールを送る際に、相手に失礼がないようなお礼メールの書き方を紹介します。


宛先

OB・OG訪問のアポイント時にメールアドレスの連絡先がわからなかった人は、使っているメールの連絡先に登録をします。「●●株式会社 ●●様」といったようにきちんと会社や名前を入力しましょう。直接メールアドレスを打ち込むと、相手にメールアドレスだけが表示されるのできちんと連絡先を登録しましょう。

件名

OB・OG訪問のお礼メールであるとひと目でわかるようにします。

【OB訪問のお礼】
【OB訪問のお礼 ●●大学●●】

本文

相手の名前を入力したら、感謝の挨拶とともに自分の名前を名乗ります。次に、OB訪問で聞いた具体的な内容を織り交ぜながら、感謝の言葉を伝えていきます。漠然とした内容だと、せっかくいろいろ話したのに…とがっかりされるので、OB訪問で心に残ったこと、参考になったことを具体的に記載するようにします。最後にお礼を言ってメール本文は完成です。

署名

署名を忘れずに入れましょう。使っているメールで署名登録を忘れずに。大学名、名前、連絡先は最低限入れておきましょう。

お礼メールの書き方例

宛先
●●株式会社●●様

件名
【OB訪問のお礼(●●大学●●)】

本文

●●株式会社
●●様

本日OB訪問をさせて頂いた●●大学●●学部の●●です。
本日はお忙しい中、お時間を取っていただき
ありがとうございました。

●●様とお話したことで、自分だけではわからなかったことが
理解でき、仕事のイメージも具体的になり、より一層
御社で働きたいと強く思うようになりました。

特に●●のことや△△は感銘を受けました(OB訪問の具体的なエピソードや言葉を書く)。

また、お話をお伺いする機会もあるかと存じますが
その際は、何卒よろしくお願い致します。

本日は、貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。

===================================
●●大学 ●●学部
●●●●
TEL:090-●●●●-●●●●
MAIL:●●●●●@●●.com
===================================

メールの注意点

メールは改行を活用し、見やすくします。25〜30文字で1行が基本です。3〜4行毎に改行をし行間を入れます。また、HTMLやリッチテキスト形式を利用せずテキストタイプでメール作成を行います。

また、OB訪問を通じて志望意欲が高まった場合は、「御社で働きたいと強く感じました」のように志望度が高くなったことをアピールしましょう。逆に、志望度が低くなった場合は、志望度部分はカットしましょう。

お礼状は書くべきか

OB・OG訪問が終われば、基本的にはお礼メールで感謝の気持を伝えましょう。OB・OG訪問でお礼状は少し重すぎるので、お礼メールだけで問題はないでしょう。

OB・OG訪問が終わったら、当日中にお礼メールを送りましょう!

次の記事

「OB・OG訪問を志望動機に活かす方法」

前の記事

「OB・OG訪問の服装」

    
コメント