英語が苦手だと就活で不利? 英語が得意だと就活有利なのは本当か

会社にとって、英語でビジネスができる人材は、非常に魅力的です。特に、最近はグローバルに展開する会社が多くなっているので、英語力は採用において一つの評価ポイントとなります。では、英語が苦手だと就活で不利になるのでしょうか?


TOEICとビジネス英語力の関係

就活では、「TOEICの点数=ビジネス英語力」と考えられがちです。しかし、TOEIC730点くらいではビジネス英語を使いこなせているとはいえません。900点以上あれば英語力があると評価されますが、TOEICの点数が高いからビジネス英語が使いこなせるとは企業も考えません。

TOEICの点数は低いより高いほうが有利でしょう。しかし、TOEICの点数がいくら高いから、すぐに海外担当になるわけではありません。まずは、入社後どれだけ仕事力があるかを判断されます。仕事のスキルが一人前になってから、海外に行くのが通常の流れです。

英語はあくまでツール

よく中学生や高校生のときに海外に滞在した帰国子女は、外資系企業の採用では有利だと思っている人が多いようです。しかし実際には、学校で使っていたのは子供の英語であって、ビジネスでは通用しません。

それよりも日本で過ごしてきて、たどたどしい英語しかしゃべれなくても、ビジネスを知っている人のほうが、よほど活躍できるのです。英語はあくまでもツールであって、それをいかに仕事の中で使っていくかという考え方を持つことが必要です。

英語を通じて何をしたかが大切

英語力を強みとしてアピールしたいなら、英語テストで何点とったかではなく、英語をツールとして使った体験を語ったほうが効果的です。「短期留学をして、現地の学生や他国からの留学生と一緒に企画をして、地元のイベントに皆で団体として参加した」というような説明ができれば、面接官はそれなりに評価してくれるでしょう。

ちなみに、「留学をしました」と言うだけでは、英語ができるとは誰も思ってくれません。海外で語学を勉強したとしても、現地で交流していたのが日本人の学生ばかりであれば、日本で英語学校に通うのと、さほど変わりません。英語を使ってどう行動したか、英語環境に自分を追い込んでどう奮闘したかを伝えない限り、留学という言葉には何らインパクトはありません。英語を使って「何をしたか」という行動の部分を説明するようにしましょう。

英語が苦手だから就活に不利になるケースは少ないでしょう。ただ、TOEICの点数が600点以上必要といった企業もあるので、英語が苦手だと就活が不利になるケースもあります。注意しましょう。

参考記事

「就活に役立つ情報まとめ」

参考本

「人事のプロは学生のどこを見ているか(横瀬勉)」

    
コメント