就職活動で学歴差別が生まれる企業・人事側の理由

就活で、学生は学歴差別を気にします。合同企業説明会や学内の説明会で、人事担当者が学生から受ける質問はこのようなものがあります。

「うちの大学からは採ってくれますか?」
「決して偏差値が高くないのですけど、大丈夫でしょうか?」
「過去の採用実績校にうちの学校がないのですが」
「OB・OG名簿をキャリアセンターで見たのですが、一人もいないみたいなのです」

なかには、「うちのような三流大学でも採用してくれますか?」とストレートに聞いてくる学生もいるそうです。また、学歴差別を気にするのは、差別されて損をするクラスの中堅私大や地方大だけではありません。差別されて得するはずの東大・早慶の学生も気にしているのです。なぜ、就職活動で学歴差別が生まれるのでしょうか? その秘密は、企業・人事側に理由があります。


学歴差別と企業側の事情

公務員(特に国家公務員I種)で東大が相当優遇されているのは有名な話です。金融業界も、東大・早慶など難関大出身者が多数を占めています。某大手保険会社の総合職採用も、学校差別を行っていることで有名です。名目上は自由応募になっていたが、選考の際には学校名による選別を行っていると言われています。

表向きはオープンなスタンスをとっておきながら実は学歴差別を行っている企業は、金融業界にかぎりません。企業イメージや採用スタンスとはまったく関係なく、一見善良そうな企業が行っているから注意が必要です。

たとえば、教育関連の出版社、人材ビジネス会社などは、企業メッセージとは裏腹に、学歴差別の常習犯です。当然、学歴差別採用は行っていることがわかると槍玉に挙げられるので、それをカモフラージュする手段を用意することもポイントとなります。

SPIでカモフラージュ

たとえば、SPIはよくカモフラージュの道具に使われます。エントリーシートの選考や面接とセットで、SPIなどを実施する企業は多数あります。「面接やエントリーシート、SPIなどで総合的に判断します」などと、もっともらしいことを言っているが、実際にはSPIの点数をまったく考慮していないケースや、SPIの上位者以外は大学名で切り捨てているケースもあります。

外資系でも学歴差別?

学歴差別採用は日本の大企業だけではありません。学歴差別とは無関係、と学生が信じて疑わない外資系企業のほうが実は学歴差別を積極的に行っています。外資系企業は人事スタッフが少ないケースも多く、採用活動に手間暇をかけられない実情があるからです。そのため、学校名による選別を初期段階で行うことにより、採用効率を高めているのです。

さらに、日本国内での他社との関係を強化するべく、上位校のなかでも学校を選ぶ傾向さえあります。ある外資系の医療関連企業では、「必ず慶応と一橋からは内定者を出すように」という指示が飛んだそうです。なぜ慶応と一橋かというと、経済界の要人にOBが多数いるからです。

なぜ学歴差別は存在するのか?

採用する側からすれば、難関大の学生は二重の意味で「外れがない」のです。難関大の学生は、入学前に大学受験というハードルを越えてきています。もちろん、難関大だからそのハードルは高く、受験勉強も一生懸命しなければいけません。その結果として、大学受験に成功、難関大に入学しています。この成功体験は、中堅私大出身者にはありません。

社会に出れば、つぎつぎと新しく、そして高いハードルが目の前に立ちふさがります。企業としては、そのハードルを越えようとする社員が欲しい。難関大の学生は、一度はハードルを越え、そのための努力もしています。ならば、入社させても「外れはない」というわけです。

言い訳に「外れがない」

そうは言っても、難関大だろうが中堅大だろうが、企業に合わず、ミスマッチしてしまう学生も出てきます。入社してからすぐ辞めてしまうケースも多く、その場合、「なんであんな奴を入社させたのだ? うちの人事は何をやっている」と大問題になります。

このとき、出身大が東大などの難関大であれば、「いや、東大出身者だから大丈夫だと思った」との言い訳が可能です。外れの人材であっても、言い訳には「外れがない」のです。この点、中堅私大や地方の無名大出身者だと、 「聞いたことのない●●大だろ? よくそんなの入れるよなあ」と言われてしまい、人事担当者も言い訳ができなくなります。

こうした企業・人事側の事情があるため、学歴差別を行うことが採用側にとって効率が良くなっています。このような構図からも、有名大学の学生が有名企業に入りやすくなっているのです。

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

参考本

「就活のバカヤロー」

    
コメント