最低でも1年前から就活の準備をしよう! 一発逆転する就活スケジュール

年度や企業によって、採用開始時期はまちまちです。そのため就活生は、「就職活動の準備はいつから始めればいいの?」と悩むのではないでしょうか? 本当は「大学に入った時から始めるのがベスト」です。

とはいえ、入学した時から準備しなかったら内定を獲得することはできないのでしょうか? そんなことはありません。最低でも1年前から就活の準備をすれば、就活競争に勝つことは十分可能です。


大学に入ったら就活の準備をしよう

学業が最優先であるのは当たり前ですが、ここで言っている準備は学業に全く影響がありません。学生時代にはアルバイトやサークルなどの活動をすることがほとんどです。

その時にただ漫然と過ごすのではなく、何を目的にそれをするのか、どう取り組めば成果が出るのか、といったことを考えながら活動してもらいたいのです。そうする期間が長ければ長いほど、就職活動に活かされることも多くなります。

えっ、もう手遅れ?

しかし、就活の準備を始めるときに、すでに2年生か3年生の人も多いですよね。それでも、手遅れになってしまったわけではありません。3年生からでも、本人の強い意志さえあれば逆転は可能です。ただ、そのためには1年の準備期間がほしいところです。

それだけの時間があればなんとか間に合います。これより長い準備期間があれば、よりいい「就活に役立つ、突き抜ける経験」ができますし、短ければ可能性は狭まっていきます。

最低でも1年前から就活の準備をしよう!

通常であれば、やはり1年前から準備を始めておきたいところです。「4年生の春に内定を取る」という前提で考えれば、3年生の6月から準備をします。まずは内定獲得に役立つ突き抜ける経験をするためにアルバイトを始めましょう。それと並行して企業研究をし、自己理解をします。もちろんその間も大学での勉強はしっかりとやっておきましょう。

すべての準備は12月には終えておくことがポイントです。そこからは資料請求をしたり、会社説明会に行ったり、試験を受けに行ったりと忙しくなるので、何かしようと思ってもできないことが多いからです。

最低でも1年前から就活の準備をしましょう! スケジュールを逆算することが、内定を獲得するポイントなのです。

「リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話の記事」の詳細を調べる

    
コメント