就活サイトプレエントリー登録のポイント

就活サイトを利用すると「100社ほどプレエントリー」しなさいと言われますよね。実際に、プレエントリー登録はどのように進めればよいのでしょうか?


プレエントリーとは

エントリーにはプレエントリーとエントリーがあります。プレエントリーとは、
「御社に興味があります」
と意思を伝えることです。Facebookでいう「いいね!」に近く、プレエントリーをすると採用情報、会社情報などが通知されます。希望する会社の情報を入手するためにも気になる会社はすべてプレエントリーをすることが必要です。プレエントリーをしないと説明会の予約にも進むことができないので

プレエントリーの登録方法

最近では多くがリクナビなどの就活サイト上でプレエントリーを行います。企業によっては短いPR文などが必要な場合もあるので、企業の指示に応じてどんどんプレエントリーをしましょう。

また、直接企業のホームページ上にある採用ページからプレエントリーをすることもあります。興味がある会社は忘れずに直接プレエントリーをするようにしましょう!

何社プレエントリーすればいいの?

プレエントリー最低でも100社以上登録をしましょう。実際エントリーに進むのは、いろいろな会社を見てから決めればいいです。「プレエントリー=ブックマーク」として考えても構いません。とにかく気になった企業はプレエントリーをして後でエントリーする企業を絞りましょう。

プレエントリーは早めに

よくプレエントリーを後回しにしてしまう就活生がいますが、何か気になればすぐにプレエントリーをしましょう。企業によってはプレエントリーが早めに締め切りとなってしまうので、プレエントリーが始まった段階で気になる企業はすべてプレエントリーしましょう!

プレエントリーとエントリーの違い

最後にプレエントリーとエントリーの違いを紹介します。エントリーとは、エントリーシートの提出、筆記試験などに進み実際に選考を受けた場合にエントリーと言います。

プレエントリー=興味があるという意思表示
エントリー=実際に選考に進む

と覚えておきましょう。プレエントリーが始まったら気になった企業はどんどんプレエントリーしましょう!

次の記事

「就職活動で三流大学生が一流大学生に勝てない理由」

前の記事

「就職活動に日経新聞は必須か?」

就活塾なら

「【ビーカイブ就活塾】就活塾は完全マンツーマンがおすすめの理由!」

    
コメント