2015年の就職活動スケジュール

就職活動スケジュールを知っていますか? 就職活動を始める前にまずはいつから就職活動を始め、どのようなステップを踏んでいくのか2015年卒業の人のスケジュールをみていきましょう。


2015年の就職活動スケジュール

卒業する2年前から準備するのが一般的となっています。それでは、2015年卒業のスケジュールで考えてみましょう。

2014年5月〜12月:自己分析・業界分析など就活準備

インターンシップの前に自己分析や業界分析をするのがベストです。
自分の強み・弱みは何か?
希望する就職条件はなにか?
つきたい職業はなにか?
など自己分析をしたあとに、インターンシップを経験するとインターンシップで多くのことを学ぶことが出来るでしょう。

また、それ以外にもエントリーシートなどの利用写真、髪型、スーツの準備なども忘れずに! また、地方の人は交通費などの工面やアルバイトのシフト調整など根回しが大切です!

2013年5月〜12月:インターンシップ

これは大学1年、2年から行うのも可能。ベンチャーの場合はベンチャー企業にインターンシップするのがおすすめです。特にIT系ベンチャーは社長とも近く幅広い人脈を築くことができます。

2013年10月〜2014年2月:OB・OG訪問

OB・OG訪問は、必ずしもする必要はありません。大学や地方の学生によってはなかなかOB訪問するのが難しいからです。また、会社がOB・OG訪問を積極推奨しているならいいのですが、OB・OG訪問を受ける人にも負担がかかるので、迷惑がかからない範囲内で行うようにしましょう。義務的に行うのはOB・OG訪問を受ける人の心象も悪くなるのでやるならきちんと!

2013年12月〜:エントリー開始

リクナビは2014年12月1日からプレエントリーを開始します。説明会などをガンガン予約していきましょう!

2013年12月〜:合同説明会・説明会開始

エントリーと同時に合同説明会や説明会が始まります。まずは、いろいろな会社の説明会を同時に受けられる合同説明会を受けましょう。説明を聞くと新しい発見があります。将来を決める大切なことです。時間が許す限り説明会を受けるようにしましょう。大手企業は2〜3月には説明会が終わることが多いので早めに受けましょう!

2014年2月〜:エントリーシート

就職試験を受ける場合、まずエントリーシートという第一の壁が表れます。人気の企業になるほどエントリーシートで足切りを受けてしまうので、自己分析をじっくり行いエントリーシートを通過しましょう。エントリーシート開始の時期は企業によってまちまちです。1月〜4月ごろが一番エントリーシートを提出する機会が増えるでしょう。

また、エントリーシートには提出締切日があります。締切日が過ぎてしまうと選考に参加することができません。人気企業ほど早く締切日が設定されているので、就活対策は早めに行うことが大切です!

2014年2月〜:筆記試験・グループディスカッション・面接

エントリーシートを通過すると、筆記試験、グループディスカッション、面接と選考が進んでいきます。SPIや面接対策は事前の準備が必要です。大丈夫だろうで手を抜くと大手企業を全滅します。事前対策をしっかりと行いましょう!

2014年4月〜:内定

4月から内定や内々定が出始めます! しっかりと就活戦線を勝ち抜いて内定をゲットしましょう!

他にも通年で就職活動を行っている会社があります。4月を過ぎて内定がなくても諦めずに受けられる企業をどんどん受けていきましょう。

次の記事

「新卒の就職活動サイトで登録したいおすすめの3大サイト!」

    
コメント