中小・中堅企業の採用スケジュール。秋以降の求人情報をチェックしよう。

中堅・中小企業では、秋以降の採用も少なくありません。中小・中堅企業の採用スケジュールについてみていきましょう。


中小企業の採用スケジュール

大手企業では一般に、エントリー、適性検査等の筆記試験、一次面接~最終面接の順に選考が行われます。この流れと内容は、中堅・中小企業でもほぼ同じです。大手企業と少し違うのは、内定を出す時期です。大手企業はこれまで、大学4年生に対して4~5月ごろに内定を出していました。中堅企業は、大手企業に1~2ヶ月遅れて採用活動を始め、夏場に内定を出しています。

ただし、大手企業とはこの後が大きく異なります。優秀な学生は、大手から中堅企業まで1人で10社くらいの内定を取ります。そんな学生たちが秋口になると中堅企業の内定を断ってきます。

もしも次々と内定者に断られたら、企業としては困ります。来春の採用計画が狂い、思っていたような組織作りができなくなってしまいます。かといって、秋冬になって来春に卒業する新卒者を採用しようとしても、もう遅いというのが現実です。

なぜなら、リクナビとかマイナビといった新卒向けの就職サイトに、12月には翌年の新卒者向けのサイトが登場するからです。それまでの就職サイトも翌年の3月までは続くものの、就職サイトに再来年の新卒者向けが出てくると、それまでの就職サイトは閲覧されにくくなります。それでも採用したい場合、中堅企業はどうするのでしょうか。

転職サイトで「新卒者可」を探せ!

中堅企業は、大手企業に内定した人たちから内定を断られることがよくあります。たとえば夏ごろに10人に内定を出したとします。秋口になるとその10人が入社してくれるかどうかと、採用の担当者はビクビクしています。

そんなに心配なら多めに内定を出しておけばいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、企業としては10人を採用する計画なので、それ以上に入社されても困るのです。結果的に10人のうち4人が断ってきたとすると、計画に対して4人が不足します。

ところが、追加募集をしようとしても新卒者向けの就職サイトはほぼ終了し、12月には次年度の就職サイトが登場します。そうなると、中堅企業は転職者向けの転職サイトを使って募集することがよくあります。転職サイトというのは、たとえばリクナビNEXTやマイナビ転職です。

大学4年の秋になっても内定が得られないと焦るかもしれませんが、仮にそうなってもまだ大丈夫です。特に中堅企業では、新卒者と中途採用者をあまり区分けせずに募集する傾向にあります。

秋から冬にかけて、転職サイトに掲載されている情報を見ると、ときどき「来春新卒者可」と書かれている求人があります。企業にとっては第2新卒(新卒で入社後、すぐに辞めた人)と呼ばれる20代前半くらいの若手か、あるいは新卒者を募集したいというときにこんな表現をします。

新卒者のみを採用したいわけではなく、若手社員も新卒者も合わせて採用したいという企業は少なくありません。秋冬になったら、就職サイトに加えて転職サイトものぞいてみましょう。転職サイトで「来春新卒者可」と表示されている求人を探すという方法は、ある種の裏ワザではないでしょうか。意外に掘り出し物の企業が見つかるかもしれません。

中小の求人は、1~2月ごろ一気に増える

中小企業になると、翌年の1~2月ごろに一気に求人が増えます。新卒者の卒業式が3月ですから、その直前です。転職サイトや新聞の求人広告に「今春新卒者可」という表示がたくさん出てきます。どうしてこんな現象が起こるのでしょうか。

理由の1つは、3月決算の会社が多いためです。決算は毎年、決められた月を事業年度の区切りにしています。その区切りを学校の年度のように2月にしている会社が多いのです。区切りを3月にしていると、4月から新しい事業年度が始まることになります。中小企業の場合は、事業年度の始まりを目前にして「来年度はどういう体制でいこうかなあ」と考える傾向があります。

3年くらい先を見た中期計画で陣容を考えなければと思ってはいても、年末の12月あたりに退職者が出たりすると目先の新年度について考えざるをえません。そのような事情で、1~2月ごろに募集をするのです。

もう1つの理由は、すぐに入社してもらえるからです。1~2月に募集をして3月に内定を出すと、4月からでも仕事を始められます。この時期なら、大企業とかけもちしているために内定を断られるという心配もありません。いきなり戦力になるわけではないにしても、企業としては1日でも早く組織のメンバーになってもらいたいと思っているので、すぐに入社してもらえるというのは好都合です。卒業後の5月にも、中小企業の求人が増えます。

大企業に全滅した人は、気持ちを切り替えて中小・中堅企業への就活を行いましょう。また、どんな時期でも求人はあるので、あきらめずにがんばりましょう。

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

参考本

「就活が変わる!優良中堅企業の見つけ方(三浦紀夫)」

    
コメント