就職活動に日経新聞は必須か?

就職活動には日経新聞が必須と言われています。でも、本当に就職活動に日経新聞は必要なのでしょうか?


■ただし、日経新聞は学生には難しい

もちろん日経新聞を読んでもいいのですが、ビジネス経験のない学生のうちに日経新聞をとっても、十分な理解は無理でしょう。ましてやふだん新聞を読み慣れていないのですから、わからないことだらけのはずです。その結果、「ああ、新聞って難しいんだな」ということになって、むしろ新聞離れを引き起こす可能性が高くなります。

■新聞離れの原因

最近の学生たちが新聞離れを起こしているのは、「日経新聞を読まなければ」という強迫観念から手に取り、新聞一般に対して絶望してしまったからではないかとすら思ってしまいます。しかし、就職活動をするということは、社会人の先輩である採用担当者に、自分を売り込むことです。その際、社会人なら誰でも読んでいる新聞をまったく読まずに臨むのは、「私には社会人になる準備ができていません」と認めるようなものです。いつも新聞を丁寧に読んでいる採用担当者からしてみれば、「新聞を購読していない」という学生は、「私は社会のことに関心がありません」と自供しているようなものです。そんな学生にはお引き取り願おうということになります。

■まずは読みやすい新聞から始めよう

無理に日経新聞を購読する必要はありません。いくつかの新聞を試しにキヨスクかコンビニで買ってみて、自分が読みやすいと思った新聞を購読するようにしてみましょう。「わかりやすい説明」ができるようになるための、それが第一歩です。 「わかりやすい説明」ができるのは、広く社会のことを知り、社会的常識を持てばこそです。そのために、新聞を読むことから始めるのです。

就職活動では、まずは、自分が読みやすい新聞から始めましょう。ビジネスのことが理解できるようになってから日経新聞でも良いのかもしれません。

次の記事

「プレエントリー登録のポイント」

前の記事

「就職活動で必須の情報収集方法!」

参考本

「わかりやすさの勉強法(池上彰)」

    
コメント