履歴書・エントリーシートの送付状(添え状)の書き方

履歴書やエントリーシートを郵送する際に、一緒に送ると効果的なのが送付状です。添え状とも呼ばれます。送付状を送ることは、基本的なビジネスマナーです。書類選考に効果的な、エントリーシート・履歴書を郵送する際に同封する送付状の書き方を紹介します。


送付状とは?

送付状は郵送やFAXをするときに、一緒に送る書面です。宛先や、送付内容などをわかりやすく相手に伝えるために利用されます。添え状、送り状、カバーレターとも呼ばれます。

送付状の書き方

送付状(添え状)は上から順番に、

  • (1)日付
  • (2)宛先
  • (3)差出人
  • (4)送付状の題名
  • (5)定型文の挨拶(拝啓+時候の挨拶)+本文
  • (6)敬具
  • (7)記書き(郵送物が何かを記載、中央寄せ)
  • (8)以上

と書いていきます。横書きで書くことが基本です。(縦書で書くことはほとんどありません)

手書きorパソコン

送付状(添え状)は手書きでなくても、パソコンで打ち込んだ送付状をプリントすればよいでしょう。手書きで書くと丁寧さが伝わりやすいので、新卒採用で履歴書・エントリーシートを郵送するときは、手書きの送付状(添え状)は効果的なこともあります。余裕があれば、手書きで書くとよいでしょう。

(1)日付

右寄せで日付を書いていきます。西暦よりも平成●●年と書くようにしましょう。

(2)宛先

宛先として、会社名、部署名、役職名、氏名を書いていきます。氏名までわかっている場合は「様」、部署名までしかわからない場合は「御中」を使いましょう。

(3)差出人

住所、氏名、連絡先を書いていきます。大学名も書いてもよいでしょう。

(4)送付状の題名

「応募書類の送付について」
「貴社求人の応募の件」
のように題名を中央揃えで書きます。

(5)定型文の挨拶(頭語+時候の挨拶)+本文

拝啓 時下、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
と頭語+時候の挨拶から始めます。次に本文です。

貴社の新卒採用に必要な応募書類を同封いたしました。
何卒ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

ぜひ、ご面談の機会をいただければ幸いでございます。
何卒よろしくお願い致します。

といったように本文をつけていきます。簡単な自己紹介や自己PRをつけるパターンもありますが、あまり長くなり過ぎないように注意しましょう。

(6)敬具

本文が終わったら、右寄せで「敬具」をつけることを忘れないように!

(7)記書き

本文中に添付書類が何かを示さない場合は、記書きで履歴書、エントリーシートなどの添付書類にを中央揃えで書きます。本文中に「履歴書および職務経歴書を同封いたしましたので、」と記載した場合は、記書きは必要ありません。

(8)以上

最後は、右寄せで「以上」を書きます。

テンプレートを利用しよう

送付状(添え状)は、WordやExcelでテンプレート作成しておくと便利です。社会人になっても利用するので、今のうちから送付状のテンプレートを作っておきましょう。

エントリーシートや履歴書を郵送する際に、送付状(添え状)は必須ではありません。ただ、応募書類が多い場合に、送付状があると人事担当者へのはいりょにつながります。可能な限り、送付状(添え状)も送りましょう。

次の記事

「履歴書・エントリーシートは速達にするべき? 締め切りギリギリはNG!」

前の記事

「履歴書・エントリーシートはクリアファイルに入れて郵送しよう!」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ【内定したい人必見!】」

就活支援なら

「ビーカイブ就活塾」

    
コメント