長所・短所の回答集【履歴書・エントリーシート・面接の質問対策】

就職活動ではあなたの性格の長所・短所(強み・弱み)に関する質問をされることが多いです。面接だけでなく、エントリーシートや履歴書でもよく質問される内容です。長所よりも短所の書き方が合否を分けるのも特徴です。それでは、就職活動(転職活動)で役立つ性格の長所・短所の書き方についてみていきましょう。


自己分析で長所と短所を見つけよう!

まずは、自己分析で自分の性格を分析し、長所(強み)と短所(弱み)を見つけることが大切です。詳しい自己分析の方法は

就活で役立つ自己分析の方法!

で確認できます。長所・短所の自己分析での基本質問は、次の質問です。

  • 自分はどんな性格だと思いますか?
  • なぜ、そのように思うのですか?
  • あなたの性格は仕事にどのように活かせますか?
  • 長所は何ですか?
  • なぜ、長所だと思うのですか?
  • 長所は仕事にどのように活かせますか?
  • 短所は何ですか?
  • なぜ、短所だと思うのですか?
  • 短所は仕事にどのような影響を与えますか?
  • 短所を改善するためにはどうすればよいですか?
  • 短所をなくすにはどうすればよいですか?

まずは、この質問の答えを自己分析から分析しましょう。長所と短所は選んだものがどう説明してもマイナスにならないものであれば何を選んでも構いません。さすがに短所に「やる気がない」と書いたら挽回するのはかなり難しいので、短所選びには注意が必要です。それでは、長所の選び方を見ていきましょう。

長所の書き方のポイント

  • 長所は何か?
  • 長所にはどんな強みがあるか?
  • 長所を仕事にどう活かすことが出来るか?

長所は基本的に、自分の強みとなる部分なので、具体的に説明ができれば何を選んでもいいでしょう。

短所の書き方のポイント

  • 短所を書く前に、その短所は克服・カバーができるものか?
  • カバーできない場合は別の短所を考える。
  • 短所は何か?
  • 短所は長所の裏返しパターンか?
  • 短所はどんな弱みがあるか?
  • 短所を克服・カバーする方法はあるか?
  • 短所を克服・カバーするために行っている努力は何か?
  • 長所は短所をカバーしてくれるか?

短所をどう補うか

ポイントは短所の書き方です。短所が「何事にも興味がない」ではどう補ってもプラスに変えるのは難しいですよね。ただ、短所について書いただけではエントリーシート選考は落ちるでしょう。そこで、

  • 短所を長所でカバーする
  • 短所を克服するために●●の改善・努力を行っている
  • 長所と短所が裏返しパターン

といった形で短所をカバーしたり、短所を改善するための対策を行っていることを伝えればよいでしょう。次に裏返しパターンをみていきましょう。

長所と短所が裏返しパターン

長所:こだわりが強い
短所:頑固である

長所:協調性がある
短所:優柔不断である

のように長所と短所が裏返しになっているパターンもあります。これは使えるテクニックで、短所の克服やカバーがしやすいので、自己分析から長所と短所が裏返しの場合は利用するようにしましょう。

具体例「こだわりが強い⇔頑固である」

私の長所は「こだわり」が強いところです。自分で何かをやる! と決めたら自分なりに工夫して問題解決にこだわります。ただ、こだわりが強すぎるところが「頑固である」という短所にもなっています。人の意見を聞かないことは「頑固」ではなく、「こだわる」ことだと考えて何度も失敗した経験があります。この失敗を踏まえ、短所をカバーするために、じぶんのこだわりを押しつけることはやめ、人の意見をきちんと聞き取り入れるようにしています。

といった形で、長所と短所は裏返しであることを強調します。また、短所をカバー・克服する具体的な方法も伝えることが大切です。

よくある長所例

  • 協調性がある
  • 真面目である
  • 前向きである
  • こだわりが強い
  • 好奇心旺盛である
  • おおらかである
  • 相談事をよく受ける
  • 器用である
  • 我慢強い

それでは、いくつか長所の具体例をみていきましょう。

長所例:好奇心旺盛

私の長所は好奇心旺盛なところです。興味をもったことは、徹底的に調べあげ、行動することをモットーとしています。インターンシップで活動していた際も、好奇心旺盛であることが幸いし、●●といった新規事業で●●の成果を収めることができました。

長所例:こだわりが強い

私の長所はこだわりが強いところです。自分がやると決めたことは、こだわりを持って最後までやり遂げることができます。

よくある短所例

  • 自己主張が強い
  • 優柔不断である
  • 短気である
  • 神経質である
  • 心配症である
  • せっかち・そそっかしい
  • 頑固である
  • 仕切りたがり
  • 行動が遅い

それでは、いくつか短所の具体例をみていきましょう!

短所例:優柔不断である

私の短所は優柔不断なところです。何かを決めるときに、様々なリスクを考えすぎて決定できないことがあります。優柔不断を克服するために、決定に本当に必要なデータを集めたり、迷う時間を30分と決めることで短所克服をしています。

短所例:せっかちである

私の短所はせっかちなところです。思い立ったらすぐに行動してしまいます。行動の早さによってうまくいくケースも多いですが、急ぎすぎて失敗してしまうこともあります。この短所を克服するために、行動の前に何をするべきか予定や計画を立てた上で行動するようにしています。

エントリーシートのポイント

エントリーシートで、長所・短所の質問がある場合、記入欄が大きい事が多いです。面接で答えるときに利用する長所・短所の具体的理由や克服のエピソードなどを書くと文字数を調整しやすくなります。

履歴書のポイント

履歴書は、長所・短所のスペースが小さいことが多いので、長所と短所のポイントをわかりやすく書きましょう。短所については、可能な限り短所を克服・カバーする工夫を書きましょう。

面接の質問対策

性格の長所・短所は面接で質問される事が多いです。実際、エントリーシートや履歴書に書いてある長所・短所をみて質問されます。そこで、面接で質問をしやすいように長所・短所の書き方を工夫すると、質問を予想することができます。

質問を誘導する

ことが大切です。例えば、短所を克服する理由が3つある場合に、履歴書では3つのうち1つだけ紹介すると残りの2つについて質問されるでしょう。このように面接での質問を予想して、エントリーシートや履歴書の書き方を工夫するだけで、面接を有利に進めることができます。

今回紹介した性格の長所や短所はあくまで参考例として考えて下さい。他の人の長所や短所の具体例を参考にすると、あなたオリジナルの長所や短所がみえなくなります。今回紹介したポイントをおさえて、自分だけの長所・短所を見つけ、就職活動を有利に進めましょう! また、長所よりも短所の書き方が合否をわけます。短所の書き方の対策を強化することが大切です。きちんと自分の性格を分析しましょう。

次の記事

「履歴書の志望動機の書き方【就職活動】」

前の記事

「履歴書の自己PRの書き方【就職活動】」

    
コメント