新卒向けの履歴書の志望動機の書き方

履歴書で大切なのが志望動機です。自己PRと双璧をなす大切な質問項目です。内定を勝ち取るのに役立つ新卒向けの履歴書の志望動機の書き方を紹介します。


エントリーシートでも志望動機がある場合

履歴書提出のタイミングが、エントリーシートと同時であることが多いです。このときに、エントリーシートにも志望動機を書かなければいけないケースがあります。この場合は、志望動機で伝える内容は同じですが、具体的理由や具体例などのポイントを変えます。例えば、志望動機の理由がA、B、Cの3つあった場合、履歴書ではAを伝え、エントリーシートではBとCを伝えるのように差別化を行います。履歴書はエントリーシートよりも記入欄が小さいので、ESよりもポイントを絞って書くようにしましょう。

「履歴書とエントリーシートで同じ質問があるときの対処法」

「エントリーシートの志望動機の書き方」

志望動機を書くポイント

志望動機を書くためには、深い業界研究と企業分析が必要です。また、履歴書の志望動機は、最終面接まで面接材料として利用されるため、志望動機はわかりやすく質問が予想できるように書くことがポイントです。

「内定を勝ち取る志望動機の書き方」

を参考にしながら、長文の志望動機を書きましょう。次に、履歴書の記入欄に応じて、志望動機のポイントだけを書いていきます。

  • 会社を志望した理由は何か?
  • 志望しようと思った具体的な理由は何か?
  • なぜ、この業界なのか?
  • なぜ、他の会社ではなくて志望した会社なのか?
  • 入社したらやりたい仕事は何か? また、実現したい夢は何か?
  • 企業があなたを採用するメリットは何か?

また、履歴書の志望動機は、ポイントだけを書くため、具体例を省くことが多いです。例えば、志望する理由が3つある場合は、「御社を志望する理由は3つあります。その中でも特に●●であることに感銘を受けました。」と一番のポイントを伝え、他の2つの理由は面接で質問するように仕向けるのです。こうするだけで、志望動機に対する質問も予想でき、面接を有利に進めることができます。

「面接が有利になるエントリーシート・履歴書の書き方」

OB・OG訪問をしている場合

OB・OG訪問をしている場合は、志望動機で差をつけることが可能です。OB・OG訪問で聞いた会社の情報や求める人物像、ビジネスモデルなどを利用することで、志望動機がより具体的になります。

「OB・OG訪問を志望動機に活かす方法」

履歴書の志望動機は、短い文字数で具体的に志望動機を伝えることが必要です。要点だけを伝えながらも、具体的な理由が伝わるように履歴書の志望動機を書きましょう。エントリーシートにも志望動機がある場合は、差別化対策も行いましょう。

次の記事

「御社と貴社の違い。履歴書・エントリーシートと面接で使い分けがある敬語」

前の記事

「履歴書での長所・短所の書き方【新卒採用】」

参考記事

「エントリーシートの志望動機の書き方」

    
コメント