履歴書は面接の台本! 面接を切り抜ける3つのコツ

就職活動で突破が難しいのが面接です。今回は、面接を切り抜ける3つのコツを紹介します。


1. 履歴書は面接の台本にする

履歴書を使うタイミングはいつでしょうか? 書類審査でも履歴書を使いますが、履歴書を一番活用するのは、面接の時ですよね。面接官は履歴書を見ながら面接を行うのです。面接官は初めて出会う目の前の人間を、履歴書一枚で判断しなくてはいけません。見る人がすぐに理解できる履歴書にする必要がここにあるのです。見てもらうための履歴書が作品であるなら、面接の時に使われる履歴書は台本です。

面接の時に自分を救ってくれる武器があるとしたら、それは履歴書です。なぜなら、履歴書によって面接の内容が決定するからです。最初から決まった質問をする企業もありますが、履歴書の内容によって質問を考える面接官が多いのです。

ということは、こういう質問をしてもらおうという意図を持って履歴書を作ることができれば、そは面接の台本になるということです。もし、面接官がしてくる質問が最初からわかっていたらどうですか?

あなたの伝えたい内容が面接官に堂々と伝えられますよね。そうなると、他の応募者よりも有利になるのは明白です。そう、あなたが内定に一歩近づくわけです。自分の履歴書がそんな履歴書になっているかを最終的にチェックしてみましょう。面接と履歴書は密接な関係です。履歴書と面接も一緒の場面で使うということを忘れないでください。

2. 面接では一問一答を意識せよ

面接のコミュニケーションは、言葉のキャッチボールが大切です。つまり、面接とはコミュニケーションの場であり、言葉のキャッチボールをする場なのです。このことを理解できると、自分の面接に対する考え方が変わるはずです。

面接は初めて会う人同士が行うものです。初めて同士がコミュニケーションを取る場合は、相手のことを知るために一問一答が望ましいのです。面接官もあなたのことを知ろうとしていますし、あなたも面接官のことを知ろうとします。その時に、短い会話を多くしたほうが、相手との距離が近づいていきやすいのです。面接では、一問一答を常に意識しましょう。

3. 志望動機と自己PRは100回練習しよう

「履歴書も完成しました。面接とは何かもわかりました。でも、面接に合格できません」という学生が多いです履歴書を作成する時に自分の過去を振り返り、企業研究もしっかりやっています。面接が言葉のキャッチボールということもわかり、以前よりは緊張もせずに面接に挑めているはずなのに、なぜか内定がもらえないのです。

それは、面接練習の回数が圧倒的に足りないからです。最初のうちは、自分の作った内容を覚えるのに必死です。30回位すると内容を覚えてきて、何も見ないで言えるようになります。70回を超えたあたりから、作った内容が自分の言葉になっていくのです。100回練習するとずば抜けて面接の内容がよくなります。騙されたと思ってお試しください。面接を突破できないと悩んでいる人は今回紹介した3つのコツを試してみてはいかがでしょうか?

次の記事

「履歴書・エントリーシートが書けない3つの理由」

前の記事

「履歴書はダイエットしよう! 内定に近づく履歴書3つの共通点」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

参考本

「全員内定!(高田裕明)」

    
コメント