手書き・パソコンどちらで書くべき? 履歴書・エントリーシートの手書きでの書き方

履歴書やエントリーシートを作成するときに悩むのが、自己PRや志望動機などを手書きかパソコンどちらで書けばよいかですよね。書類通過に有利なのはどちらでしょうか? 答えは「手書き」です。それでは、履歴書・エントリーシートの手書きでの書き方を紹介します。


基本は手書き

エントリーシートや履歴書を書くときは、基本的に手書きです。書く学生からすると、1枚書くのにかなりの時間が取られるため、パソコンで作りたくもなりますが、手書きで書くようにしましょう。

なぜ手書きなのか?

なぜエントリーシートや履歴書は手書きが基本なのでしょうか。実は、ビジネスでは大切な書類や手紙を手書きで書くことが非常に有効です。パソコンではなく、手書きのため本気度が伝わりやすくなるのです。

面接官としても、手書きにより文体を見たり、文字の綺麗さではなく、丁寧に書いているかどうかなども判断できます。そのため、丁寧に手書きで書かれたエントリーシートや履歴書からは志望度の高さが伝わってきます。

さらに、企業側としてはコピペされた書類を見る手間を避けたいため、手書きにしていることも。パソコンで書くと、文章の使い回しで企業名が間違っていたりすることもよくあるからです。

パソコンで問題ないという意見もあるが…

もちろん、人事部の人によってエントリーシートや履歴書は手書きでもパソコンでもどちらでもいいという人は増えてきています。ただ、手書きに強いこだわりを持つ人事部の方がいたら、パソコンの時点でアウトです。もし一番に入りたい会社が手書き以外は認めないという方針の場合、パソコンでエントリーシートを作成したために落ちてしまったら立ち直れませんよね。そのため、ビーカイブでは、手書きで書くことをおすすめしています。

指定があればパソコンで作成

企業によっては、エントリーシートや履歴書はパソコンで作成するように指定することもあります。IT系企業に多いですが、パソコンスキルも見られているので、最低限のパソコンマナーを理解したうえで作成するようにしましょう。

「パソコンでエントリーシート・履歴書を書くときの注意点」

で確認できます。パソコンで作成するという指定がない限りは、履歴書、エントリーシートは手書きで書くようにしましょう!

大学指定の履歴書を使う

手書きで履歴書を書く際は市販の履歴書でも構いませんが、大学の履歴書を利用するのが基本です。ただし、大学によっては変な質問がある履歴書もあります。その場合は自分に合った市販の履歴書を探しましょう。

エントリーシートは企業指定のものを使う

エントリーシートは、企業が指定していることがほとんどです。企業指定のエントリーシートに手書きで書くようにしましょう。手渡されたエントリーシートの場合、失敗ができないので記入ミスがないように注意しましょう。

見本を用意する

エントリーシート・履歴書を書く場合は、氏名、学歴、住所など必ず決まっている内容に関してはコピー用の見本を用意して下さい。見本を見ながら書くと誤字・脱字などのミスが減ります。見本を用意して考えて記入する部分を少なくしましょう。

ふりがな

ふりがなはひらがなかカタカナかきちんと確認しましょう。ひらがなを書くところをカタカナで書いたり、カタカナで書くところをひらがなで書くミスは意外と多いです(「ふりがな」はひらがな「フリガナ」はカタカナで書く)。

ボールペン

筆記用具は鉛筆やシャーペンはいけません。

黒のボールペンか万年筆

を利用します。

数字

数字は1、2、3のように算用数字を利用しましょう。「1」と「一」のように数字を算用数字や漢字で書いたりとバラバラに使うのは避けて下さい。数字は算用数字に統一しましょう。

表記

例えば、Twitterとツイッターのように英語やカタカナ両方で表記できる単語がありますが、単語の表記は統一しましょう。メディア系の人ほど、表記にこだわるので注意して下さい。

誤字・脱字

誤字・脱字には注意しましょう。意外と間違えてしまうものです。志望動機などは間違えやすいので、事前にパソコンなどで文章を考えた後に記入するようにしましょう。

文字の位置

自己PRや志望動機の欄は大きく何行にも分けて文章を書きます。文字が斜めにずれる可能性もあるので、定規などで文字がまっすぐになるように書きましょう。

文字の大きさ

大きすぎると馬鹿っぽいです。小さすぎると読みにくいです。採用担当者の気持ちを考えて、読みやすい文字の大きさにしましょう。

丁寧さ

人によって字が綺麗な人もいれば、下手な人もいます。しかし、どれだけ字が下手でも丁寧さは伝わります。履歴書は丁寧に書きましょう。

修正液・修正テープ

ボールペンで書いている場合、文字を間違えてしまうことはよくあります。しかし、

修正液や修正テープを使ってはいけません

。面倒ですが、最初から書き直しましょう。

記入漏れ

エントリーシート・履歴書の項目を全て記入したつもりでも、趣味を資格などの欄を書き忘れたということはよく起きます。エントリーシート・履歴書が完成したら記入漏れがないかチェックしましょう。

印鑑

印鑑は最初に押しましょう。押し慣れてなく間違える人が多いからです。エントリーシート・履歴書を作成する前に押印をしましょう。

写真

写真貼りミスを避けるために最初に貼っておきましょう。ただ、写真数が残り少ない人は、最後に貼ってもよいでしょう。残り写真数に合わせて調整して下さい。また、写真は

スピード写真よりもスタジオ撮影

をした写真を利用しましょう。

連絡先

電話番号やメールアドレスで読み間違えが起きないか確認しましょう。字の書き方によっては「i」と「l」など読み間違えや空目が起きる可能性もあります。注意しましょう。

控えをとる

エントリーシート・履歴書の内容をもとに、面接は進みます。何をエントリーシート・履歴書に書いたかを控えるためにコピーや写メで内容を控えておきましょう。

手書きのエントリーシート・履歴書を書くのは大変な作業です。その分、きちんと書いたのかどうかがすぐわかるポイントでもあります。選考を通過するためにも手書きのエントリーシート・履歴書を書く場合は、気合を入れて書きましょう!

次の記事

「履歴書・エントリーシートはボールペン不可?」

前の記事

「履歴書の書き方の基本と一般的な記入項目」

    
コメント