履歴書・エントリーシート修正液・修正テープは使ってはいけないのか?【誤字脱字をした時の対処法】

履歴書やエントリーシートは手書きで書くのが基本です。でも、最後の最後で文字を書き間違えてしまい、最初から書き直しになることもしばしば。誤字脱字したときは、修正液を使いたくなりますよね。でも、履歴書やエントリーシートで誤字脱字の間違いをしたときに、修正液や修正テープを使ってはいけないのです。


公的な文書では修正液は使えない

修正液を使ってはいけない一番の理由は、公的な文書では修正液や修正テープを使って誤字脱字を修正することはできません。ビジネスの契約書も公的な文書なので修正液で使うことはありません(修正液で変えることができたら契約内容を変えることだってできてしまいます)。採用後、社員の履歴書は、会社でも保管される公的な文書に近いため、修正液を使ってはいけません。

修正液の利用で印象が悪くなる

もしも、あなたが人事部で履歴書やエントリーシートに、修正液や修正テープが使われていたらどう思いますか? 印象が悪くなりませんか? 特に人事や経理など細かい業務が発生する職種や、出版社のように誤字脱字が許されない業界であれば、マイナス評価になる可能性が高く、修正液を使っているだけで不合格ということも考えられます。少しでもエントリーシートや履歴書の印象をよくするためにも修正液を使うのはやめましょう。

修正液を使っても通過することもあるけど…

もちろん、人事部の人によってエントリーシートや履歴書に修正液や修正テープを使っていても内容が良ければ問題ないという人もいます。しかし、中には修正液や修正テープを使っていたら不合格にするというポリシーを持った人事の方もいるでしょう。

内容が悪くて落とされるのであれば納得できますが、内容は合格なのに修正液を使っていただけで不合格になるのは納得できませんよね。そのため、ビーカイブでは、面倒であっても履歴書やエントリーシートで、誤字脱字をしてしまったときに修正液や修正テープを使うのはNGとしています。

アルバイトなどの履歴書であれば、誤字脱字に対して修正液を使っても問題ないことが多いですが、就職活動では履歴書やエントリーシートに修正液・修正テープを使うのはやめましょう。誤字脱字をしたときは、修正液や修正テープを使わずに、一からきちんと書き直しましょう。

次の記事

「履歴書・エントリーシートで訂正印を使ってもよいのか?」

前の記事

「履歴書・エントリーシートはボールペン不可?」

    
コメント