履歴書・エントリーシートが書けない3つの理由

就職活動を始めてみたのはいいけれど、履歴書・エントリーシートが書けないと悩んでいる学生も多いです。なぜ、履歴書・エントリーシートが書けないのでしょうか? 履歴書・エントリーシートが書けない3つの理由を紹介します。


1. 就活対策のルールを知らない

履歴書・エントリーシートが書けない人は、そもそも就活対策というものがわかっていません。ゲームで例えるなら、説明書を読まずに操作性の難しいゲームをやっているようなものです。まずは、就活対策の基本ルールを理解することが大切です。

「ビーカイブの就活カテゴリ記事」

で就活対策の勉強をしましょう。

2. 自己分析が足りない

就活対策はしているけど、履歴書・エントリーシートが書けないという人は、自己分析が足りていないことが多いです。きちんと自己分析ができていれば、スラスラ書けるようになります。

「最低限やっておきたい自己分析項目」

をきちんと対策しましょう。就活に近道はありません。時間はかかりますが、きちんと自己分析をしましょう。

3. 自分の頭で考えていない

自己分析はきちんと行っているのに、履歴書・エントリーシートが書けないという学生もいます。特に、企業独自の質問になると書けないという学生が多いです。しかし、自分の頭で自己分析をきちんと行っていれば、どんな質問であっても時間をかければ必ず書くことができます。

自分の頭で考えていない学生ほど、ネットや参考書の回答例がないと回答ができなくなります。就活本や就活サイトはあくまで参考例です。答えは自分の頭で考えないと仮にエントリーシートや履歴書は通過しても面接を通過することはできません。

企業はテンプレ人間よりも、自分の頭で考えることが出来る学生を求めています。社会に出たら、どんな難問も自分の頭で考えなくてはいけません。脱テンプレをして、自分の頭で考えるようにしましょう。

履歴書・エントリーシートが書けない人はこの3つの理由が原因であることが多いです。就職活動に近道はなく、どれだけ就活対策をしたかで決まります。きちんと就活対策を行い、エントリーシート・履歴書が書けない病から卒業しましょう!

前の記事

「履歴書は面接の台本! 面接を切り抜ける3つのコツ」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

就活に悩んだら

「完全マンツーマンのビーカイブ就活塾」

    
コメント