横書き封筒の書き方【履歴書・エントリーシート郵送時のマナー】

就職活動で履歴書・エントリーシートを郵送する場合に、企業指定の封筒を利用することがあります。企業によっては、縦書封筒(和封筒)ではなく横書き封筒(洋封筒)を利用していることもしばしば。横書き封筒で郵送する場合にも困らない、横書き封筒の書き方を紹介します。


横書き封筒とは?

通常の封筒は縦書封筒(和封筒)となっています。縦書封筒では、住所、会社名、部署名、担当者名を差出人など宛名を縦に書きます。

しかし、横書き封筒(洋封筒)では、住所、会社名、部署名、担当者名など宛名を横に書きます。

表側の書き方(宛名)

住所、会社名、部署名、担当者名を横に書いていきます。切手の下を目安に住所を書いていきましょう(画像点線部分より下から書き始めます)。会社名、部署名、担当者名は中央揃いになるように書くとバランスよく見えます。

表書きで注意したいのは、郵便番号です。右に90度回転させて郵便番号を書きます。これで宛名は完成です。

在中の位置

履歴書在中、エントリーシート在中は、表側の右下に書くのが一般的です。赤文字で書くと良いでしょう。

裏側の書き方

裏側は、郵便番号、住所、名前を書きます。大学名も書くと採用関係の書類と伝わりやすくなります。横書きの場合、差出人の住所と氏名を封筒の1/3におさまるように書くため、文字数に応じて大学名を入れるかは考慮しましょう。また、裏側は表側より文字を小さく書きましょう。

履歴書・エントリーシートを郵送するときは、自分で準備した封筒を利用するため縦書封筒が基本ですが、企業が指定した封筒には横書き封筒のケースもあります。横書き封筒の書き方のマナーもきちんとおさえておくことが大切です。縦書の封筒の書き方は、

「縦書封筒の書き方」

が参考になります。

次の記事

「履歴書・エントリーシートはクリアファイルに入れて郵送しよう!」

前の記事

「履歴書・エントリーシートの封筒の書き方、郵送の注意点」

    
コメント