履歴書・エントリーシートの記入日はいつの日付を書けばいいの? 郵送か持参で変わります!

就職活動の履歴書・エントリーシートには、書類の上部に記入日を書くスペースがあります。この記入日は郵送するか持参するかによって書く日付を変える必要があります。履歴書・エントリーシートの記入日はいつの日付を書いたらよいのでしょうか?


郵送の場合

履歴書やエントリーシートを企業に郵送する場合は、書類提出日の日付を書きます。郵送する日と書類作成日が近ければ書類作成日でも構いません(書類作成日が郵送の前日など)。

持参の場合

履歴書やエントリーシートを企業に直接持参する場合は、持参日を書きます(転職活動に多いパターンです)。

最新の日付を書こう!

郵送や持参で共通する大切なポイントは、可能な限り最新の日付を書くことです。例えば、企業の商品資料が1年前のものだったら、この情報は新しいのか不安になりますよね? それと同じで、古い日付で提出すると、履歴書の情報が正しいか不安になります。また、古い日付であると、他の企業で利用した履歴書の使い回しをしているかもしれないと考える人事担当者の方もいます。可能な限り最新の日付で書くとおぼえておきましょう。

実際は、人事部の人も直近の日付であれば記入日まで気にすることはほとんどありません。ただ、あまりに古い日付はNGです。記入日は可能な限り最新の日付を書くようにしましょう!

次の記事

「履歴書の学歴・職歴の書き方【就職活動】」

前の記事

「履歴書・エントリーシートは速達にするべき? 締め切りギリギリはNG!」

    
コメント