履歴書・エントリーシートで訂正印を使ってもよいのか?

履歴書・エントリーシートで、誤字脱字などで間違えをしてしまった場合に、

修正液や修正テープを使うのダメ

なら、訂正印は使ってもいいのでしょうか?


訂正印とは

訂正印は、契約書などで内容を修正する場合に用います。修正箇所に、2本線を引き、その上に訂正印を押して、正しい内容に修正するものです。

訂正印はNG

では、履歴書やエントリーシートで間違いをしてしまった時、訂正印は使うべきなのでしょうか? 訂正印の前に、履歴書やエントリーシートでは、

修正液・修正テープを使うのはNG

です。では、訂正印を使うのはOKなのでしょうか? いいえ、訂正印を使うのはNGです。

履歴書で訂正印はNG

履歴書は間違えたら必ず書き直しましょう。仕事を決める上で大切な書類となる履歴書で訂正印を使うのはマナー違反です。

エントリーシートもNG

エントリーシートも訂正印を使うのはNGです。企業から渡されたエントリーシートで間違えてしまい、どうしてもという場合なら仕方ありませんが、1枚しかエントリーシートがないのであれば、事前にコピーなどを行い、間違えても大丈夫なように予備のエントリーシートを確保するようにしましょう。仕事を決める大切な書類です。訂正印を使うのではなく、1から書き直しましょう。

訂正印がNGな理由

採用側の立場で考えても、訂正印は悪印象となります。訂正印が何箇所も押されているエントリーシートや履歴書を見たら、「この人、訂正印ばかり使って大丈夫かな?」と不安になります。同じレベルの内容で、訂正印が押されている人、押されていない人なら、訂正印が押されていない人を選ぶでしょう。それだけ、エントリーシートや履歴書で訂正印を使うのはNGなんです。

履歴書・エントリーシートで、誤字脱字などで間違えをしてしまった場合は、訂正印を押して修正するのではなく、1から書き直すようにしましょう。

次の記事

「履歴書で印鑑の押印は必要か?」

前の記事

「履歴書・エントリーシートで修正液は使ってはいけないのか?」

    
コメント