履歴書・エントリーシートで使う写真9の注意点【サイズ、髪型、服装、スタジオ撮影】

履歴書・エントリーシートの証明写真は、採用面接の第一印象で大きな影響をあたえます。そのため、写真撮影の前に、髪型、服装、スタジオ撮影、写真サイズなどにこだわることが必要です。採用選考を有利にするために知っておきたい、履歴書・エントリーシートで使う写真9の注意点を紹介します。


1. スピード写真よりスタジオ撮影

履歴書の写真は、スピード写真やデジカメで撮った写真でいいやと思う就活生も多いかと思いますが、履歴書の写真は採用担当者の印象に大きな影響を与える要素のため、プロにスタジオ撮影してもらうとよいでしょう。最近では就活写真のプランを行っているスタジオも多いです。スタジオ撮影で証明写真を利用している人と差をつけましょう。

また、証明写真のデジタルデータをもらうと、データファイルで送る場合のエントリーシートや履歴書作成にも便利です。

2. 写真サイズ

履歴書やエントリーシートの写真サイズは縦4cm、横3cmです。間違いはないと思いますが、サイズミスをしてしまう可能性もあるので、事前に確認をしましょう。

3. 髪型

男性であれば写真撮影の前に、就活用に髪をカットしましょう。写真撮影の前に美容院でカットし就活用にさわやかにセットしてもらってもよいでしょう。女性は髪を整え清潔感が出るような髪型にします。また、男女ともに明るすぎる髪の色はNGです。きちんと黒染めしましょう。

4. ヒゲ

男性は、ヒゲの処理をお忘れなく。就活では清潔感が大切です。ヒゲが濃い人は写真撮影の前にヒゲが生えないようにきちんと剃っておきましょう。

5. 服装

服装は黒のスーツが基本です。ワイシャツは白にします。男性はネクタイを着用します。ネクタイが曲がっていないかも確認しましょう。また、上着は型崩れを防止するために、一番下のボタンを外すといいでしょう。

6. メイク

女性のメイクはナチュラルメイクに。あまりにメイクが濃いとマイナス評価になります。また、男女ともに皮脂のテカリがないか確認しましょう。

7. 表情

目は少しだけ、開くようにします。また、固すぎる表情は怖い印象となるので口元を少しだけ笑顔にするようにしましょう。スタジオ撮影の場合は、カメラマンの指示に従うと就活用に最適な表情となります。こればかりは、スピード写真ではどんな表情が最適なのかわかりません。スタジオ撮影が有利な理由でもあります。

8. 写真の鮮度は3ヶ月

写真の鮮度は3ヶ月以内と考えましょう。1年前に撮った写真と現在では顔が違うものです。なるべく今に近い写真を利用しましょう。

9. 写真を貼る際の注意点

しっかりと写真を撮ったら、あとはエントリーシートや履歴書に貼るだけです。写真を貼るノリは無職のスティックのりがおすすめです。水のりは失敗する可能性が高いのでスティックのりで貼りましょう。また、他の会社のエントリーシートや履歴書の再利用は印象が悪くなるのでやめましょう。1枚1回で使います。

人の印象は見た目が9割です。履歴書・エントリーシートの写真では、髪型、洋服、サイズ、スタジオ撮影などにこだわることが大切です。印象をコントロールして内定を獲得しましょう!

次の記事

「履歴書・エントリーシートの封筒の書き方、郵送の注意点」

前の記事

「パソコンでの履歴書の書き方の注意点」

    
コメント