履歴書の学歴・職歴の書き方【エントリーシートにも使える】

就職活動で履歴書の「学歴・職歴」欄の書き方を紹介します。エントリーシートに学歴・職歴欄があるときにも同じ要領で書いていきます。


学歴の書き方の注意点

基本的には年、月、学歴・職歴という項目があります。1行目は学歴・職歴の項目欄に学歴と記入します。左詰めにすると読みにくいので行間の真ん中に学歴と書くようにすると読みやすいでしょう。2行目からは学歴を古い順に記入していきます。

「就職活動に役立つ年数早見表」

を参考にしましょう。年号は和暦か西暦のどちらかに統一しましょう。バラバラはNGです。

学歴はどこから書く?

履歴書の学歴を書くときに悩むのはどこから書くかですよね。一般的に、就職活動の履歴書は中学校から書くことが多いです。ただし、明確な決まりはありません。有名私立小学校や私立幼稚園に入っていた場合など、きちんと説明をしたほうがよい学歴の場合は、中学校以前のものも書くようにしましょう。

ちなみに転職の場合は、最終学歴の1つ前から書くことが多いです。大学であれば高校から書くようにします。

学校名は正式名称で書く

例えば、「●●東校」という高校は「東校」と略して呼ばれることが多いですよね。しかし、学歴を書くときは正式名称で書きます。

「2004年4月 ●●市立●●中学校 入学」
「2007年4月 ●●県立●●高校 入学」
「2010年3月 ●●県立●●高等学校 卒業」

のように正式名称をきちんと調べた上で学校名を書きましょう。

学部・学科名まで書く

次に、専門学校はコース名、大学であれば学部・学部名まで書きます。

「2010年4月 ●●大学●●学部●●学科 入学」
「2010年4月 ●●専門学校●●学部●●学科 入学」

在学中なので卒業見込みと書く

就職活動の最中は、大学卒業が確定していない在学中の状況です。そのため、「卒業見込み」と書く必要があります。

「2014年3月 ●●大学●●学部●●学科 卒業見込み」

ちなみに、アルバイトの場合は、「在学中」と書きます

「2014年5月 ●●大学●●学部●●学科 在学中」

大学院の場合

大学院の場合は、「修了見込み」と書く必要があります。

「2014年3月 ●●大学大学院●●学研究科●●学専攻修士課程 修了見込み」
「2014年3月 ●●大学大学院●●学研究科●●学専攻博士課程 修了見込み」

1992年生まれの書き方例

1999年4月 ●●小学校入学
2005年3月 ●●小学校卒業
2005年4月 ●●中学校入学
2008年3月 ●●中学校卒業
2008年4月 ●●高校入学
2011年3月 ●●高校卒業
2011年4月 ●●大学●●学部●●学科入学
2015年3月 ●●大学●●学部●●学科卒業見込み
                  以上

職歴

職歴がない場合は、最終学歴の下に一行あけ、学歴・職歴欄に職歴と学歴と同様に欄の真ん中に記入します。その下の行になしと欄の中央に書くようにします。在学前にアルバイト以外で正社員になっていたことがある場合は職歴を記入します。

以上を忘れずに!

学歴・職歴欄を書き終えたら、次の行の右下に「以上」と書くのが履歴書のマナーです。そうしないと、学歴・職歴が追加される可能性があるためです。学歴・職歴の最後は右下に「以上」を書くのをお忘れなく!

基本をおさえておけば簡単ですが、学歴・職歴の書き方、最後に以上を記入するなど細かいマナーがあるので、書き漏れやミスがないか注意しましょう。

次の記事

「学歴計算に役立つ! 履歴書の学歴早見表」

前の記事

「履歴書・エントリーシートの記入日はいつの日付を書けばいいの?」

    
コメント