就活で役立つ自己分析の方法! 絶対に診断したい項目紹介!

就活の合否を決めるのが自己分析です。自己分析をきちんと行えば就活はこちらのものです。それでは、就活で役立つ自己分析の方法を紹介します。絶対に診断したい項目もあわせて紹介します。


自己分析のチェックの前に!

自己分析の前にまず、自分の履歴を簡単に作成しましょう。名前、生年月日、本籍、保育園・幼稚園〜大学(院)までの入学年月日と卒業年月日を自分の歴史としてまとめます。年別に表にすると自己分析のイメージがしやすくなります。

自己分析1. 「自分分析編」

それでは、自己分析に入りましょう。自己分析をする場合、思いついた答えは全部メモしてください。強みはたくさんあったほうがいいからです。では、まずは自分の分析から始めましょう!

  • 自分はどんな性格だと思いますか?
  • なぜ、そのように思うのですか?
  • あなたの性格は仕事にどのように活かせますか?
  • 長所は何ですか?
  • なぜ、長所だと思うのですか?
  • 長所は仕事にどのように活かせますか?
  • 短所は何ですか?
  • なぜ、短所だと思うのですか?
  • 短所は仕事にどのような影響を与えますか?
  • 短所を改善するためにはどうすればよいですか?
  • 短所をなくすにはどうすればよいですか?
  • 趣味は何ですか?
  • なぜ、趣味になったのですか?
  • 趣味は仕事にどのように活かせますか?
  • 特技は何ですか?
  • なぜ、特技になったのですか?
  • 特技は仕事にどのように活かせますか?
  • 資格を持っていますか?
  • なぜ、資格を取ろうと思ったのですか?
  • 資格は仕事にどのように活かせますか?
  • 保育園・幼稚園の時に一番思い出に残っている経験は何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • 小学校の時に一番思い出に残っている経験は何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • 中学校の時に一番思い出に残っている経験は何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • 高校の時に一番思い出に残っている経験は何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • 浪人をした理由は何ですか?
  • 浪人時代に一番思い出に残っている経験は何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • 得意科目は何ですか?
  • なぜ得意なのですか?
  • 苦手科目は何ですか?
  • なぜ苦手なのですか?
  • なぜ大学に入学したのですか?
  • なぜ現在の学部や学科を選んだのですか?
  • その学部や学科では何を学んでいるのですか?
  • ゼミや卒業研究は何ですか?
  • どのような内容なのですか?
  • 大学生活で一番思い出に残っている経験は何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • インターンシップで一番思い出に残っている経験は何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • 学生時代にクラブやサークル活動は行っていましたか?
  • 学生時代のクラブやサークル活動で思い出に残っている経験は何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • アルバイトで思い出に残っている経験は何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • 今までの人生で一番思い出に残っていることは何ですか?
  • その経験を通じてどんな努力をしましたか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • 今までの人生で一番頑張ったことは何ですか?
  • なぜ、一番頑張ったと思うのですか?
  • その経験を通じて何を学びましたか?
  • 尊敬する人は誰ですか?
  • なぜ、尊敬をしているのですか?
  • 尊敬する人から学んだことは何ですか?
  • 好きな言葉や座右の銘はありますか?
  • なぜ、その言葉を選んだのですか?
  • 好きな本はありますか?
  • なぜ、好きなのですか?
  • 何を学びましたか?
  • 好きなテレビはありますか?
  • なぜ、好きなのですか?
  • 何を学びましたか?
  • 好きな映画はありますか?
  • なぜ、好きなのですか?
  • 何を学びましたか?
  • 好きな音楽はありますか?
  • なぜ、好きなのですか?
  • 何を学びましたか?

自己分析2. 「望むキャリア編」

  • どんな仕事に興味がありますか?
  • なぜ、それを選んだのですか?
  • どんな業界に興味がありますか?
  • なぜ、その業界を選んだのですか?
  • どんな業種に興味がありますか?
  • なぜ、その業種を選んだのですか?
  • どんな職種に興味がありますか?
  • なぜ、その職種を選んだのですか?
  • 仕事にお金、休日、やりがい、社会貢献など何を望みますか?
  • なぜ、それを望むのですか?
  • 給料はどれくらいほしいですか?
  • なぜ、その金額なのですか?
  • 勤務地はどこがいいですか?
  • なぜ、その勤務地なのですか?
  • 勤務時間はどれくらいまでなら大丈夫ですか?
  • なぜ、その勤務時間なのですか?
  • 残業は耐えられますか?
  • なぜ、そう思うのですか?
  • 休日は1年間で何日ほしいですか?
  • なぜ、その日数なのですか?
  • 会社に一番望むことは何ですか?
  • なぜ、それを望むのですか?
  • 仕事を通じて何を経験したいですか?
  • なぜ、それを経験したいのですか?
  • 仕事を通じて自分を成長させることはできますか?
  • なぜ、そう思うのですか?
  • 選んだ仕事をずっと続けることができますか?
  • なぜ、そう思うのですか?
  • 仕事を通じて、最終的に何がしたいですか?
  • なぜ、それを選んだのですか?
  • 結婚や出産の後も仕事を続けますか?(女性メイン)
  • なぜ、そう思うのですか?
  • あなたの夢は何ですか?
  • なぜ、そう思うのですか?

自己分析の対策まとめ

最低限でも今回紹介した自己分析は必ず行いましょう。自己分析では、各質問の後に「なぜ?」という深い質問を行います。履歴書やエントリーシートは1つ目の質問を書くことがメインとなってきますが、面接では「なぜ?」の質問を聞かれることが多いからです。今回紹介した質問は最低限の質問ですので、自分で「なぜ?」と思う部分があれば、深い自己分析を進めて下さい。

時間はかかりますが、必ず自己分析を行って下さい。自己分析したシートは1回で終わらず、気付きや追加項目があればどんどん追記していくことが大切です。1度で完璧な自己分析を行うのは難しいので、就職活動を進める過程でどんどん自己分析を強化して下さい。就活をする中でどんどん追記された自己分析シートは、必ずあなたの役に立ちます!

自己分析をしっかり行えば、自己分析でわかったデータを基にエントリーシート、履歴書を書くことができ、面接の質問も「なぜ?」で調べた部分を答えるだけでOKです! 就活は自己分析が基本です! 時間はかかりますが、必ず自己分析を行いましょう!

次の記事

「他己分析のススメ」

前の記事

「自己分析が就活で一番大切な理由」

就活支援が必要なら

「ビーカイブ就活塾」

    
コメント