他己分析のススメ! 他人による自分のいいところをインタビューすることが内定の近道!

就活では自己分析が大切ですが、本当にその自己分析は正しいですか? 自己分析が終わったら他人に自分を分析してもらいましょう。それでは、他己分析について紹介します。


他己分析とは

他己分析は自分の印象や強みを友人、家族、先輩などに分析してもらいます。自分の知らない角度から自分の印象や長所などを知ることができます。

他己分析のポイント

他己分析は、なるべく多くの人に見てもらいましょう。他己分析をお願いしたい人は、

  • 両親
  • 友達
  • 先輩(社会人だとGood!)
  • 後輩
  • (いれば)恋人

です。自分のことを気づかわずに率直な意見を言ってもらうと就活に役立ちます。ただし、ボロクソに言われてもケンカだけはしないように!

他己分析のチェック項目

  • 第一印象はどうでしたか?
  • なぜ、そう思うのですか?
  • そのあとの付き合いで第一印象は変わりましたか?
  • 外見からどんな印象を受けますか?
  • なぜ、そう思うのですか?
  • どんな性格だと思いますか?
  • なぜ、そう思うのですか?
  • 長所は何ですか?
  • なぜ、長所だと思うのですか?
  • 短所は何ですか?
  • なぜ、短所だと思うのですか?
  • 普段どんな役回りや役割をしていますか?
  • なぜ、そう思うのですか?
  • どんな仕事が向いていそうですか?
  • なぜ、そう思うのですか?
  • 話し方は聞き取りやすいですか? 話すスピードは適切ですか?
  • なぜ、そう思うのですか?

性格診断も活用しよう!

他己分析の結果はいかがでしたか? 意外と自分の分析とは違う結果だったのではないでしょうか? 自分の印象は他人のほうがよくわかるものです。こういうギャップがあるんだと真摯に受け止めましょう。また、エニアグラムによる分析も役に立ちます。エニアグラムはサイバーエージェントなどでも利用されています。

外部サイト

「エニアグラム」

自己分析+他己分析による自分への理解をすると自己PRのヒントが見えてきます。めんどくさがらずに他己分析を実践しましょう!

次の記事

「就活に役立つ自分史の作り方」

前の記事

「自己分析の方法」

    
コメント