【旅行・海外旅行編】自己PRの書き方

夏休みなどの休み期間を利用して長期間の旅行や海外旅行に出る学生が増えています。自己PRでも旅行をエピソードにする学生が増えています。それでは、旅行をエピソードにした自己PRの書き方を紹介します。


自己PRに有利となる旅行とは

旅行をエピソードにする場合、普通の旅行や海外旅行では自己PRになりません。海外をバックパッカーした、アメリカを無一文で横断した、企業との協賛をもらい世界一周旅行をしたという例などがあるからです。女子大生だったはあちゅうさんが世界一周旅行をした例などはかなりの自己PRにつながります。

「女子大学生ブロガーだった「はあちゅう」はどうして無料で世界一周旅行に行けたのか」

「女子大生ブロガーはあちゅうがタダで世界一周するまでの道のり」

自己PR書き方のポイント

  • なぜその旅行をしようと思ったのか?
  • 旅行を実現するまでに努力・改善したこと何か?
  • 旅行でどんな経験をしたか?
  • 旅行で苦労したことは何か?
  • 旅行で努力・実践したことは何か?
  • 旅行で学んだことは何か?
  • 旅行で学んだことは仕事にどのように活かせるか?

旅行での自己PR例

時間のある学生中に世界一周旅行をしたいと考えました。

しかし、そのために必要な資金を確保することができず、旅行の体験をブログを通じて紹介することで企業から協賛金をもらうことを考えました。

企画書でスポンサーになるメリットなどをプレゼンし、協賛企業を●社獲得しました。

世界一周旅行を行いながらも旅行の先々では協賛の条件となるミッションをこなし、協賛企業のプロモーションを行いました。

世界一周旅行を通じて●●(行動することの大切さなど)を学びました。

世界一周旅行で学んだことを、仕事の●●に活かしていきたいと考えています。

旅行や海外旅行では、旅行内容のインパクトが重要です。それ以外の普通の旅行の場合は、具体的にその旅行の何がすごいのか、何を学んだか、どう仕事に活かせるかを伝えることができれば、自己PRとして使えるエピソードになります。

次の記事

「【資格勉強編】自己PRの書き方」

前の記事

「【留学編】自己PRの書き方」

    
コメント