自己PRキーワードを「チームワーク能力がある」とした場合の書き方

チームで何かをやることが多かった学生時代を過ごした就職活動生は「チームワーク」を自己PRのキーワードにすることがおすすめです。ただし、「チームワーク」があると漠然と伝えても自己PRになりません。自己PRキーワードを「チームワーク能力がある」とした場合の書き方を紹介します。


チームワーク能力と協調性

チームワークと協調性はやや意味が重複している言葉です。チームワークはチームが互いに協力して効率的に共通の目標を追求するための行動であり、協調性はチームワークの中で発揮される要素の一つです。

そこで、チームをうまく働かせる能力をチームワーク能力として、自己PRでアピールしましょう。チームワーク能力は協調性にとどまらず、共通の目標を立てることや効率的に役割分担を行ったことなど、より広い意味を持つ言葉になります。そのため、エピソード選びにはあまり苦労することはないでしょう。

チームワーク能力の自己PRポイント

  • 私の強みはチームワーク能力です。
  • 利用するエピソードはどのパターンか(自己PRエピソードパターンの種類)
  • 選んだ自己PRエピソードはチームワーク能力と関連しているか?
  • チームワーク能力を発揮したエピソードではどのようなことを経験したか?
  • チームワーク能力を発揮したエピソードで苦労したことは何か?
  • チームワーク能力を発揮したエピソードで努力・改善したことは何か?
  • チームワーク能力を発揮したエピソードの努力・改善の結果、何を学んだか?
  • チームワーク能力を発揮したエピソードで学んだことは、仕事にどのように活かせるか?

以上を中心に考えていきましょう。では、具体例を紹介します。

チームワーク能力の自己PR例文

私の強みはチームワーク能力です。他人を楽しませることが好きな私は、大学時代広告研究会に所属し学祭でミスコンの運営に携わっていました。例年、20,000人ほどの来場者が訪れる一大イベントで、来場者に楽しめるイベント作りを目的に活動を行っていました。

しかし、私が2年生の時には、広告研究会は10名ほどしかおらず、個々人の負担がかなり大きくなってしまいました。その結果、数人で同じ作業に取り組んだり、やらなくてはいけないことに人員が割けなくなるなど、イベント準備に支障をきたしてしまいました。

そこで、やるべきことをリスト化した上で、メンバーのそれぞれ得意な領域に合わせて役割分担を行い、余裕を持った期限設定を行うなどタイムスケジュールの作成を担いました。また、「来場者に満点の笑顔を」というスローガンを掲げ、メンバーのモチベーションアップにも努めました。

その結果、来場者が例年より増加するとともに、例年以上に高い満足感が得られているというアンケート結果が得られました。この経験で、メンバーのことを知った上で最適な役割分担を行うことで、無限の可能性を秘めたチームワークが達成されるということを学びました。

この経験を活かして、貴社でも、ともに働く同僚の方の強みを把握した上で役割分担を行い、広告のチームで効率的な広告クリエイティブを創り出したいと考えています。

チームワーク能力は、チームをマネジメントする役割でもあり、リーダーシップ能力があることを暗にアピールすることもできます。学生時代、チームワークが重要であった経験がある場合に、選びたい自己PRのキーワードです。

次の記事

「自己PRが「協調性がある」場合の書き方」

前の記事

「自己PRで「リーダーシップがある」とした場合の書き方」

    
コメント