自己PRが「好奇心旺盛なこと」とした場合の書き方【具体性が重要】

「私は好奇心旺盛です!」

と自己PRすることはありがちなテーマです。誰にでも言える分、具体的な自己PR内容が重要となります。今回は「好奇心旺盛なこと」を自己PRのキーワードとした時の書き方と例文をご紹介します。


好奇心旺盛って強みになるの?

自己分析の結果、自分の性格は好奇心旺盛であるとわかりました。しかし、好奇心旺盛であることは強みになりえるのでしょうか。実は好奇心旺盛であるということは、伝え方次第でチャレンジ意欲が高いことをアピールできます。

また、好奇心旺盛が高いということは、新しい事柄、未体験の事柄に意欲的だということにもつながります。志望企業で歴史の浅い事業領域に関心があるのなら、好奇心旺盛であることを盛り込んだ自己PRは非常に効果的になります。

好奇心旺盛の自己PRポイント

  • 私の強みは好奇心旺盛なことです。
  • 利用するエピソードはどのパターンか(自己PRエピソードパターンの種類)
  • 選んだエピソードは好奇心旺盛の自己PRと関連しているか?
  • 好奇心旺盛を見せたエピソードではどのようなことを経験したか?
  • 好奇心旺盛を見せたエピソードで苦労したことは何か?
  • 好奇心旺盛を見せたエピソードで努力・改善したことは何か?
  • 好奇心旺盛を見せたエピソードの努力・改善の結果、何を学んだか?
  • 好奇心旺盛を見せたエピソードで学んだことは、仕事にどのように活かせるか?

以上を中心に考えていきましょう。では、具体例を紹介します。

好奇心旺盛の自己PR例文

私の強みは好奇心旺盛なことです。あらゆることに興味を持つ性格で、自分の知らなかったことがわかるようになることに楽しみを感じます。大学では社会心理学を専攻していた傍ら、独学でプログラミング検定3級、簿記2級、英語検定準1級を取得しました。資格取得のためには膨大な学習時間が必要で、睡眠時間が削られることもしばしばありました。

そこで、朝4時起きで効率的な学習方法を考案して実践しています。資格取得のための勉強の結果、さまざまな知識が得られるとともに、できなかったことができるようになる楽しさを感じることができました。貴社の新規事業領域でも、好奇心を持って果敢にチャレンジしていきたいです。

好奇心旺盛はチャレンジ意欲が高いことをアピールできるチャンスです。具体的なエピソードだけでなく、志望企業のどんな領域で好奇心旺盛さを活かして仕事に取り組めるかということも忘れずに伝えると好評価につながりやすいです。今までしてきた好奇心旺盛である具体的なエピソードと、入社した時に好奇心旺盛があることでどんな貢献ができるかを伝えるとよいでしょう。

次の記事

「自己PRが「忍耐力があること(我慢強いこと)」の場合の書き方」

前の記事

「自己PRが「向上心が高いこと」の場合の書き方」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

就活支援なら

「ビーカイブ就活塾」

    
コメント