自己PRで「相手の立場に立つ思いやり」の場合の書き方と例文

就職活動であらゆる形で聞かれる質問は全て自己PRに通じます。いくつか自己PRを用意しておかないと答えに窮することがあるでしょう。今回は「相手の立場に立つ思いやり」を自己PRにする場合の書き方と例文をご紹介します。


相手の立場に立つ思いやりは協調性のアピールにつながる

会社組織では一人で全てを行うことはありません。必ず他者と協力して仕事を行うことが求められます。そこで、上司、部下などの同僚との関係を築く上で、相手の立場に立って思いやりの心を持つことは非常に重要です。

それと同時に、会社には「お客様」が存在します。お客様が何を考えているのか、何を望んでいるのかということを相手の立場に立って考えられるということは1つの長所です。そのため、相手の立場に立つ思いやりの心は効果的な自己PRとなりえます。

サークルや部活動、アルバイトなど、学生時代に取り組んだ中で他者とうまくやっていくために思いやりの心を発揮したエピソードを基に自己PRを作ってみましょう。

相手の立場に立つ思いやりの心の自己PRポイント

  • 私の強みは相手の立場に立つ思いやりの心です。
  • 利用するエピソードはどのパターンか(自己PRテーマパターンの種類)
  • 選んだ自己PRエピソードと相手の立場に立つ思いやりの心とは関連しているか?
  • 相手の立場に立つ思いやりを発揮したエピソードではどのようなことを経験したか?
  • 相手の立場に立つ思いやりを発揮したエピソードで苦労したことは何か?
  • 相手の立場に立つ思いやりを発揮したエピソードで努力・改善したことは何か?
  • 相手の立場に立つ思いやりを発揮したエピソードの努力・改善の結果、何を学んだか?
  • 相手の立場に立つ思いやりを発揮した学んだことは、仕事にどのように活かせるか?

以上を中心に考えていきましょう。では、具体例を紹介します。

相手の立場に立つ思いやりの心の自己PR例文

私の強みは相手の立場に立つ思いやりの心です。私は、友人に勉強を教える経験が多かったことから、学生時代には塾講師のアルバイトを行いました。週3勤務で、中高生を相手に90分の授業を行っていました。受け持った生徒の学力向上を目標にしていましたが、生徒の中には宿題を忘れていたり、授業中に居眠りをする子もいました。

そこで、二つの工夫を行いました。第一に、怒らないこと。宿題忘れや居眠りなどの問題のあった生徒に対して、頭ごなしに否定するのでなく、なぜそうなってしまったのかを聞き入れるようにしました。第二に、解決策を一緒に考えてあげること。宿題を忘れた生徒が各々事情を抱えていることがわかったため、家や学校でどのようにしたら空き時間を見つけて宿題に取り組めるかということを生徒と一緒に考えました。

この結果、宿題忘れや居眠りはなくなり、9割の生徒は成績も上がるようになりました。この経験で、短期的に叱ることはモチベーションを低下させてしまうため、相手の事情を踏まえて解決策を提示してあげることが効果的だと学びました。

貴社の法人営業職でも、クライアントの立場に立つという基本的な姿勢を踏まえて、クライアントの満足度を高めるソリューションを提供できるようになりたいです。

人間関係の中で、相手の立場に立った思いやりができたと思う方は自己PRにしてみてはいかがでしょうか。

次の記事

「自己PRを「慎重さ」とする場合の書き方と例文」

前の記事

「自己PRで「努力家」「努力を惜しまない」とする場合の書き方と例文」

    
コメント