自己PRを自己分析から考えるべき理由

就活で自分の強みを伝える自己PR。エントリーシート、履歴書、面接など様々なシーンで利用します。自己PRはきちんとした自己分析をもとに作成すると効率的かつ効果的な自己PRを作ることができます。自己PRを自己分析から考えるべき理由を紹介します。


自己PRでも自己分析が大切な理由

なぜ、自己PRでも自己分析が大切なのでしょうか? まず、多くの就活生が自己分析と自己PRを別と考え、個別に対策をしていることが多いです。自己分析は自分の強みや歴史を振り返る作業です。その中で見つめた自分の軸をもとに自己PRに利用するのが本来の自己分析の役割です。エントリーシートも面接もすべて自己分析で分析したデータをもとに対策を行えばいいのです。正しい自己分析は、就活のあらゆる場面に応用が可能になるのです。

どのように自己分析を活用するか?

まずは、ビーカイブでも推奨している自己分析のチェック項目をもとに自己分析を行って下さい。

「最低限実践すべき自己分析のチェック項目」

自己分析では、「自分の分析+望むキャリア」の2つを重要視しています。この2つを分析すると自分にはどのような経験や強みがあり、どんな仕事をしたいのかが見えてきます。きちんと自己分析をすることで、一番の強みを自己PRにすることも可能となります。

アルバイト、部活、サークル、受検など自分が一番頑張って努力したこと
その経験を通じて得た能力

があなたの自己PRのポイントとなります。そこに自分の長所(強み)をかけわせるとあなただけの自己PRが完成します。

次の記事

「自己PRの書き方のポイント【エピソード別サンプル例文集】」

前の記事

「学生の「自己分析」がイタすぎる理由」

参考記事

「就活に役立つ情報まとめ」

    
コメント