一般常識は何を意味する?

就職活動などで一般常識と呼ばれる問題が出されることがあります。一口に一般常識と言われても、幅広い範囲を指すものでありますから、具体的に一体何を示すのかということを疑問に思うこともあるでしょう。


学問の基礎

一般常識のひとつの範囲としては学問の基礎があります。特定の分野を極めるにあたって、当然身につけておくべき常識というわけですね。それは掛け算や割り算といった四則計算なども含むものですから、一般常識は歴史の年号といった文化系の知識ばかりではありません。

ビジネスマナー

もうひとつはビジネスマナー的な一般常識があると言えるでしょう。これは面接時の服装などを含むものです。そこにおいては、その人柄が見られているといった意味合いも含みますね。

時事問題も

さらに、一般常識として最もイメージが強いのが時事問題に関するものですね。時事ニュース、それは政治経済などのハードニュースから、芸能やスポーツなどのソフトニュースを含みます。特にマスコミの出版系などにおいては、このあたりの一般常識は出されることが多いので対策が必要です。一般常識というと言葉が広いのですが、大きく分けた場合には、高校までの学習内容的な一般常識、ビジネスマナーなどの一般常識、時事ニュースに関する一般常識の3つに分かれると言えるでしょう。

    
コメント