資格を取れば人生安泰!?

「失われた10年」と呼ばれる時期を経て、なかなか不況の波から抜けだけない日本。そうした背景のなか、将来に備えて資格取得をめざす人が増えています。資格学校は、資格取得をめざす人で賑わいを見せ、書店に入れば、資格関係の書籍があふれています。でも、ちょっと待ってください。資格をとれば、それから先は本当に安泰なのでしょうか。資格取得=バラ色の人生と思っていませんか?


■資格についての常識は、大間違い?

資格を取得した後のイメージとして、たとえば、こんなことを思っていませんか。

  • 仕事を取るためには、たくさんの資格が必要
  • 資格を取っても、3年は成功できない
  • マーケティングを学べば成功できる

よく巷で言われることですが、これらは本当に正しいのでしょうか。

■資格を取るより、資格で稼ぐことが大切

資格をたくさん持っていれば間口が広がって仕事がとりやすくなる、そのように思う人も少なからずいると思います。確かに間口は広がるかもしれませんが、お客様にとっては、反対に何を専門にしているのかがわかりにくくなるというデメリットも……。

さらに見落としていませんか。それは、仕事をするのは自分一人なので、いくら頑張っても仕事のできる許容量は限られてしまうということ。資格を2つ取ったからといって、収入が2倍になるとは限らないのです。

■資格業の仕事は簡単には発生しない

えっ、とショックを受ける人もいるかもしれません。さらに、いつその仕事が発生するかは予測がつきません。ではどうするのか。発想を転換しましょう。つまり、「資格業の仕事を依頼する人が欲しいと思う商品を開発する」道もあり、という柔軟な思考に切り替えるのです。このような切り替えこそが、3年以内に成功する道にもつながっていくのです。

■資格業はもっと稼いでいい!

時間と労力をかけて、やっと資格を手に入れても、それで稼がなければ資格取得の意味がありません。苦労してとった資格だからこそ、ぜひ活かしてほしい。

資格を取った方も、これから取得を考えてる方も、資格を活かしてどう稼ぐのか、そのアイディアを本書を読んで手に入れてみませんか。

「資格起業家になる!成功する「超高収益ビジネスモデル」のつくり方」の詳細を調べる

    
コメント