放送作家はアイデア勝負

放送作家はテレビやラジオの企画を考えたり、台本を書く仕事です。放送作家の仕事はアイデア勝負といわれています。さらに100本企画を出して1本採用されるかどうかといった厳しい世界です。常にアイデアのアウトプットが求められる世界だといえるでしょう。


問題集があった

それでも放送業界にはあるセオリーやパターンといったものがあります。そんな世界を、現役の放送作家の監修によって作られた本が「放送作家になるための練習問題100」です。監修は放送作家として多くの番組で活躍する小林哲也、著者は飯島聡子、出版社は雷鳥社です。本書は4択の選択問題形式で、放送作家業界のイロハがわかるようになっていますから、業界の入門編として最適でしょう。

適性がある

放送作家は、向き不向きがあります。さらに事務所に所属していたとしても、基本的にはそれぞれがフリーランスとして、テレビ局なりラジオ局の番組と契約をする扱いになります。当然、番組が終われば仕事を失いますし、さらに番組の途中であっても契約を切られることもあります。さらに放送作家とテレビやラジオのディレクターの仕事もあいまいで、中には出演者のブッキングをしたりすることもあります。放送作家の幅広い仕事の全体像を把握できる本でもあります。

    
コメント