働き方

  • 1日3時間だけ働く方法

    働く時間というのはどのように意識されるでしょうか。やはり労働基準法といった法律に基づいて一日8時間から9時間といった印象があるかもしれません。そこから往復の通勤時間や準備時間、それに睡眠時間を加えるとするならば仕事が1日のうち3分の1、その他が3分の1、睡眠が3分の1といった、といったところになるのではないでしょうか。しかしながら、そこにおいては労働時間を短くすればより充実した生活を送れるのではないかといったひとつのシュミレーションがうかびあがります。

  • 働き方の哲学とは?

    働くということはどういうことなのでしょうか。自分の生活の糧を得るためというのがまずあげられるでしょう。しかし、こうした考え方というのはただ惰性で仕事をしているだけということにも繋がりかねませんよね。いわば仕事というのはやりがいが必要なのではないでしょうか。

  • 働く女子の時間のルールとは?

    時間というのは有限なものです。この限りある時間をどのように使うかによって、仕事の効率が違ってくるといったこともあるでしょう。

  • 残業を考える

    残業とは日本独特の働き方と言われています。特に残業代の出ない、俗に言うサービス残業はよく知られていますね。残業というのは、本当に必要なものなのか。「働き方改革」が叫ばれていますが、実際のところはどうであるのか。そのような問いかけをしている本が、中原淳とパーソナル総合研究所による『残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?』(光文社新書) です。

1 / 1 1