残業を考える

残業とは日本独特の働き方と言われています。特に残業代の出ない、俗に言うサービス残業はよく知られていますね。残業というのは、本当に必要なものなのか。「働き方改革」が叫ばれていますが、実際のところはどうであるのか。そのような問いかけをしている本が、中原淳とパーソナル総合研究所による『残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?』(光文社新書) です。

残業の実態は?

本書では残業の歴史や習慣といったものから記述が始まっています。単に働き方改革を主張するのではなく、そもそも残業とはなぜ必要とされるようになってきたのかといった根本的な部分から問いかけがなされているのです。そうしたそもそも論から始まらないと、残業はなくならないとも言えるでしょう。それくらい日本社会に残業は深く根ざしたシステムだと言うことですね。それは悪いことなのでしょうか、良いことなのでしょうか。単純な善悪の判断で済まされないのが残業の特徴でもあるでしょう。

調査データも

本書には2万人を超える働いている人を対象とした調査データもあります。そのデータをあらゆる角度から分析することで浮かび上がってくる労働者たちの本音といったものもここでは見えてくるでしょう。残業は日本の企業や社会においては、あまりにも当たり前にありすぎて当然のこととされていますが、決してそのようなことではありません。これまでのなんとなく抱いていた残業への常識が変わるでしょう。