シャイニングマンデーはどう使う?

プラミアムフライデーに続いてシャイニングマンデーという制度が提唱されています。これはどのようなものなのでしょうか。

月曜の午前中を休む

シャイニングマンデーとは、日曜夜に遊んでもらい月曜の午前中を休みとするものです。これには、週末を有意義に過ごしてもらいたいといった思いがあるとともに、週明けの憂鬱感、いわゆるブルーマンデーを解消するねらいがあると言えるでしょう。

日曜夜は活性化している?

しかしながら、この制度で日曜夜は活性化するものなのでしょうか。飲食店などでは都市部では日曜が休みといったところもありますし、さらには営業時間が短く設定されているところもあります。さらに、翌日に仕事がある場合ならば、午前中が休みとはいえお酒を飲むことを控えるといった人も多いのではないでしょうか。

日帰りの範囲を広める

さらには、週末は行楽に出かける人も多いですが、日曜日は早めに家に帰る人もいるのではないでしょうか。これが翌日のことを考えずに日曜の終電、あるいは夜中に戻ることができるようになれば、行動範囲が広がるかもしれません。あるいは、近場であるならば日曜の夜も一泊して午前中に戻り、午後からオフィスへ向かうといった方法もあるので、いわゆる週末海外旅行などにも活用できると考えられます。しかし、果たしてどこまで普及するのかは未知数でしょう。