最短距離のキャリア形成とは

将来的に何かをしたいといった目標を漠然と抱いている人は多いのではないでしょうか。しかしながら、そこに至るまでの回路をうまく作れず、もやもやとしたままの人もいると思います。


最短距離で作る

しかし、何かをしたいと思っている状態では、周りからどんどん取り残されていっているといっても過言ではありません。必要なものは最短距離によるキャリア形成です。渡辺秀和による『未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! 』 (日経ビジネス人文庫) は、東京大学などでも使われているキャリアデザインについての教科書です。本書は、戦略コンサルタントとして活躍する著者によるキャリア形成について基本的な内容から解説しています。

長期的なビジョンの作り方

キャリア形成において最も大切なものは長期的なビジョンの設定です。人は目先のことに囚われてしまいがちですが、常に目標をひとつ先に持っていれば悩むこともないでしょう。そこにあるものは、当然ながらひとつの会社に留まるだけが全てではないといった考え方も含まれます。キャリアにおけるゴールを明確に設定しているからこそ、そこに至るまでに何をすればいいかということが自ずと必要になってくるのです。キャリア形成を具体的に作る必要がある会社員の立場にいる人はもちろんのこと、早めのキャリア形成で周りから一歩リードしたいと思っている学生層の人たちにとって、本書はおすすめの一冊ではないかと言えます。

    
コメント