いろんな職業・職種情報

タクシー運転手、示談交渉人、フリーライターなどいろんな職業や職種情報を紹介していきます。ちょっと変わった職業や職種の裏側情報もわかり、仕事選びの参考になりますよ!

  • フリーランスの壁は40歳?

    自由業としてフリーランスの形で仕事を続けてゆきたい。そうした思いを持つ人はいるでしょう。収入は不安定でありながらも、完全に実力主義の世界であるので、評価されればその分収入にもつながっていきます。しかし、それはフリーランスのひとつの理想論としてはありますが、実際のところはどうでしょうか。

  • バイト体験を笑い飛ばす

    ほとんどの人は、アルバイトをした経験があるでしょう。そのアルバイトはどのようなものだったでしょうか。中には若気の至りで許されるわけではありませんが、不義理をはたらいて辞めてしまった人もいるかもしれません。そんな経験がある人でも、ある程度年齢を重ねた今ならば誰かに迷惑をかけたとわかりますが、当時は自分のことしか考えていなかったでしょう。

  • 編集長とデスクの違い?

    本を編集し、出版する出版社において、編集長やデスクといったポジションがあります。この両者の違いはどのようなものなのでしょうか?

  • 女性の職業を知る

    世の中には無数の職業がありますが、狭い視点にとどまっているとすべてが見えてこないこともあります。そうした時に役立つのが女性の職業研究会による『女性の職業のすべて〈2019年版〉』(啓明書房)です。

  • なるにはブックスとは?

    学生時代の図書室の思い出の本といえばなんでしょうか。ひとつに「なるにはブックス」はあるかもしれません。これは、職業の案内書というべきものです。お医者さんになるにはどうすればいいのか、放送記者になるにはどうすればいいのか、あるいは建築技術者になるにはどうすればいいのか、職業のなりかたや、心がまえなどが記された本です。

  • アニメプロデューサーになるには?

    アニメは、日本が世界に誇るサブカルチャーのひとつです。さらに、アニメは今や子供向けのものばかりではありません。テレビの深夜枠では多くのアニメ作品が放送されています。

  • 100円ライターのプライド

    100円ライターという言葉があります。タバコと一緒に売られている100円のライターのことではありません。これはものを書くライターを指す言葉です。100円ライターのように安い、使い捨てといった意味があり、どちらかといえば悪いイメージで使われます。しかし、自らを100円ライターと名乗り、その来歴を自伝的に記した本があります。それが岩本太郎による『炎上! 一〇〇円ライター始末記:マスコミ業界誌裏道渡世』(出版人)です。

  • 国連の公用語は何?

    国際連合はアメリカのニューヨークに本部を持つ、国際組織です。世界の多くの国が参加しており、公用語としていくつかの言語が採用されています。

  • ゲームクリエイターになるには

    ゲームが好きで、将来はゲームに関わる仕事がしたいという人は多いのではないでしょうか。しかしながら、ゲーム業界は多種多様な職種があるだけに、どこを目指せばいいのかわからないという人も多いでしょう。さらにゲームメーカーの求人募集などを見ると専門的なソフトの操作スキルが求められるなど、いわばスペシャリスト募集であり、未経験者はどこから入り込めばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

  • 写植とは何か?

    現在ではほとんど使われることがなくなりましたが、かつて写植というものがありました。写真植字の略称です。写真植字とは、文字を印画紙やフィルムに焼き付けたものを指します。長らくテレビ番組のテロップなどに使われていました。

  • 放送作家は楽しい?

    放送作家というとどういったイメージがあるでしょうか。テレビ番組の企画を考える人、あるいは台本を書く人。ラジオを聞く人ならおわかりの通り、ひとりで喋るパーソナリティーの向こう側で笑い声をあげる人といったそれぞれのイメージがあるでしょう。ですが、そんな放送作家の実態はなかなかわからないものです。

  • 文筆家とライターの違い

    文筆家を名乗る人たちがいます。これは従来のライターとはどう違うのでしょうか。

  • 博士号取り消されるとどうなる?

    東京大学で、過去に博士号が授与された論文に他者の著作物からの不適切な引用があったとして、博士号の取り消しがなされました。東大で博士号が取り消されるのはこれで6人目となります。

  • ライター仕事の相場の値段は?

    文章を書く仕事は、誰でも気軽に始められるため人気があります。しかし、インターネット上には1文字0.1円などの極端に安い案件も多くあります。果たしてライターの文章仕事の相場の金額はどれくらいなのでしょうか。

  • ハンドキャリーとはなにか?

    世の中にはさまざまな珍しい仕事があります。その一つがハンドキャリーでしょう。ハンドキャリーとは、海外へ物品を手荷物扱いで運んだり、あるいは海外から運ぶ行為です。緊急で荷物を運ぶ必要があり、航空便でも間に合わないという場合にもっとも早い手段として人間が荷物を持って運ぶのです。

  • 大学教授になる方法とは?

    大学教授になることは、なかなか難しいというイメージがあるでしょう。大学を出てさらに大学院に進み、そこで博士論文を執筆し、大学の非常勤講師をこなしながら、そこで就職することによって大学教授となれます。専任の大学教授になる前の非常勤講師はいわばアルバイト的な扱いのため、厳しい生活を余儀なくされます。

  • ノマド、本来の意味は?

    ノマドワークという言葉が定着して久しいです。IT機器を用いて、特定のオフィスではないさまざまな場所で仕事を行う人たちを指します。今ではすっかりこの意味でとられるノマドですが、本来は別の意味があります。

  • 客員教授とは何か?

    テレビを見ていると、客員教授の肩書がある人物が多く登場します。これは、一般的な大学教授とはどう違うのでしょうか。

  • 課程博士と論文博士とは?

    博士号は、大学などの研究者になるには必須の資格です。博士号は大学院の博士課程に在学し、博士論文審査に合格することで授与されます。一方で出身大学や、在籍していた大学院とは別の学校から博士号を授与されている人もいます。この違いは何でしょうか?

  • 2022年の働き方は?

    将来、今ある仕事がなくなるとはよくいわれています。あらゆる仕事がコンピューターやロボットに取って代わられるため、人間が活動する余地が少なくなるといった未来論ですね。しかしながら、そうした状況にはなかなか想像力がおよびません。

1 / 3 1 2 3 最後 »