いろんな職業・職種情報

タクシー運転手、示談交渉人、フリーライターなどいろんな職業や職種情報を紹介していきます。ちょっと変わった職業や職種の裏側情報もわかり、仕事選びの参考になりますよ!

  • 放送作家は楽しい?

    放送作家というとどういったイメージがあるでしょうか。テレビ番組の企画を考える人、あるいは台本を書く人。ラジオを聞く人ならおわかりの通り、ひとりで喋るパーソナリティーの向こう側で笑い声をあげる人といったそれぞれのイメージがあるでしょう。ですが、そんな放送作家の実態はなかなかわからないものです。

  • 文筆家とライターの違い

    文筆家を名乗る人たちがいます。これは従来のライターとはどう違うのでしょうか。

  • 博士号取り消されるとどうなる?

    東京大学で、過去に博士号が授与された論文に他者の著作物からの不適切な引用があったとして、博士号の取り消しがなされました。東大で博士号が取り消されるのはこれで6人目となります。

  • ライター仕事の相場の値段は?

    文章を書く仕事は、誰でも気軽に始められるため人気があります。しかし、インターネット上には1文字0.1円などの極端に安い案件も多くあります。果たしてライターの文章仕事の相場の金額はどれくらいなのでしょうか。

  • ハンドキャリーとはなにか?

    世の中にはさまざまな珍しい仕事があります。その一つがハンドキャリーでしょう。ハンドキャリーとは、海外へ物品を手荷物扱いで運んだり、あるいは海外から運ぶ行為です。緊急で荷物を運ぶ必要があり、航空便でも間に合わないという場合にもっとも早い手段として人間が荷物を持って運ぶのです。

  • 大学教授になる方法とは?

    大学教授になることは、なかなか難しいというイメージがあるでしょう。大学を出てさらに大学院に進み、そこで博士論文を執筆し、大学の非常勤講師をこなしながら、そこで就職することによって大学教授となれます。専任の大学教授になる前の非常勤講師はいわばアルバイト的な扱いのため、厳しい生活を余儀なくされます。

  • ノマド、本来の意味は?

    ノマドワークという言葉が定着して久しいです。IT機器を用いて、特定のオフィスではないさまざまな場所で仕事を行う人たちを指します。今ではすっかりこの意味でとられるノマドですが、本来は別の意味があります。

  • 客員教授とは何か?

    テレビを見ていると、客員教授の肩書がある人物が多く登場します。これは、一般的な大学教授とはどう違うのでしょうか。

  • 課程博士と論文博士とは?

    博士号は、大学などの研究者になるには必須の資格です。博士号は大学院の博士課程に在学し、博士論文審査に合格することで授与されます。一方で出身大学や、在籍していた大学院とは別の学校から博士号を授与されている人もいます。この違いは何でしょうか?

  • 2022年の働き方は?

    将来、今ある仕事がなくなるとはよくいわれています。あらゆる仕事がコンピューターやロボットに取って代わられるため、人間が活動する余地が少なくなるといった未来論ですね。しかしながら、そうした状況にはなかなか想像力がおよびません。

  • 自営業の老後はどうなる?

    現在、会社員ではない新しい働き方に注目が集まっています。フリーランスや、ノマドワークなどがそれでしょう。そうした自営業の仕事で気になるのは、やはり老後の不安です。

  • 歯医者と医者なぜ別?

    素朴な疑問として、歯医者と医者の区分があります。身体の中で、なぜ歯だけが別なのでしょうか。養成過程も歯学部と医学部に分かれています。歯学部の卒業者は歯科医師の国家試験を受験でき、また、医学部の卒業者は医師になるための国家試験を受験できます。双方を兼ねた方が便利ではないかと思うのですが、これはなぜなのでしょうか。

  • ライターはどう稼ぐ?

    現在、文章を書いてお金を稼ぐライターの仕事の幅は広がっているといえます。かつてならば雑誌や書籍などの出版分野に活躍の場が限られていましたが、いまはインターネット上に無数に書く場所があります。少なくとも対価を求めない場合ならば、ブログなどでいつでも発表できるといえるでしょう。それが場合によってはいくばくかのお金を生み出すこともあります。とはいっても、アルバイトをした方がいいのではないかといった格安のお金しかないのも現状です。ライターは誰でもすぐになれるがなかなか稼げない職種としてとらえられているといえるでしょう。

  • 日本最初のフリーライターは?

    フリーライターは文章で生計を成り立たせる人をいいます。かつてフリーライターの主戦場は雑誌や書籍などの紙媒体でしたが、現在はインターネット上で文書を書くフリーライターも多いでしょう。

  • 放送作家と小説家なぜ兼業?

    放送作家はテレビやラジオなどの企画を立てたり、台本を執筆する仕事です。放送メディアの発達とともにあらわれた仕事だといえます。この放送作家は、初期に活躍していた人物は、のちに小説家となる人が多くいます。野坂昭如、永六輔、青島幸男などが代表的でしょう。さらには藤本義一や、井上ひさしなども放送作家と作家を兼業していた人物として知られます。さらには34歳で亡くなった純文学作家の山川方夫も放送台本を執筆していました。なぜ、彼らは放送作家兼小説家というべき存在になったのでしょうか。

  • 言語聴覚士はどんな仕事?

    将来、どんな仕事をするのかを考えるにあたり、人の役に立ちたい、社会との関わりを持ちたいと思う人は多いでしょう。もうひとつ、これからの社会においてどのような需要があるのか、需要は増えていくのかという点も仕事選びにおいては重要です。

  • 海外の会社員生活はギャップ多し?

    日本企業は世界各地に進出しています。そのため、海外勤務を命ぜられることもあるでしょう。その場合、苦労するのは現地で採用した社員とのキャルチャーギャップの違いです。下川裕治による「本社はわかってくれない: 東南アジア駐在員はつらいよ」(講談社現代新書) には、そんな現地駐在員たちのトホホな事情が記されています。

  • フリーランスの年齢制限は?

    フリーランスの生き方を選ぶ人は多くいます。しかし、この仕事には事実上の年齢制限があるともいわれています。実際に、フリーランスの内訳はほとんどが20代や30代となっています。

  • マジシャンなぜ怪しい?

    マジシャンという職業があります。テレビに出ている有名なマジシャンといえば、ミスターマリック、マギー司郎、さらにマギー司郎の弟子であるマギー審司、あるいはナポレオンズといった人たちがよく知られているでしょう。最近ではセロといった人もいます。これらのマジシャンの風貌というのは、はっきり言ってしまえば怪しいものです。どこかうさんくささも伴います。なぜ、マジシャンの風貌は怪しいのでしょうか?

  • あなたは超大手ホテルの裏側を知っているか? 驚きのホテル裏話【ホテルマンのお仕事】

    1年365日、何万人もの利用客が巨大ホテル。外資系のホテルともなれば、国内外の客が多く押し寄せるのが観光地・日本だ。 それと比例するように、ドラマや映画のようなひと悶着や騒動が日々起こるのは当たり前のことである。 あなたは、華々しいホテルの仕事とは打っ

1 / 2 1 2 最後 »