いろんな職業・職種情報

タクシー運転手、示談交渉人、フリーライターなどいろんな職業や職種情報を紹介していきます。ちょっと変わった職業や職種の裏側情報もわかり、仕事選びの参考になりますよ!

  • 歯医者と医者なぜ別?

    素朴な疑問として、歯医者と医者の区分があります。身体の中で、なぜ歯だけが別なのでしょうか。養成過程も歯学部と医学部に分かれています。歯学部の卒業者は歯科医師の国家試験を受験でき、また、医学部の卒業者は医師になるための国家試験を受験できます。双方を兼ねた方が便利ではないかと思うのですが、これはなぜなのでしょうか。

  • ライターはどう稼ぐ?

    現在、文章を書いてお金を稼ぐライターの仕事の幅は広がっているといえます。かつてならば雑誌や書籍などの出版分野に活躍の場が限られていましたが、いまはインターネット上に無数に書く場所があります。少なくとも対価を求めない場合ならば、ブログなどでいつでも発表できるといえるでしょう。それが場合によってはいくばくかのお金を生み出すこともあります。とはいっても、アルバイトをした方がいいのではないかといった格安のお金しかないのも現状です。ライターは誰でもすぐになれるがなかなか稼げない職種としてとらえられているといえるでしょう。

  • 日本最初のフリーライターは?

    フリーライターは文章で生計を成り立たせる人をいいます。かつてフリーライターの主戦場は雑誌や書籍などの紙媒体でしたが、現在はインターネット上で文書を書くフリーライターも多いでしょう。

  • 放送作家と小説家なぜ兼業?

    放送作家はテレビやラジオなどの企画を立てたり、台本を執筆する仕事です。放送メディアの発達とともにあらわれた仕事だといえます。この放送作家は、初期に活躍していた人物は、のちに小説家となる人が多くいます。野坂昭如、永六輔、青島幸男などが代表的でしょう。さらには藤本義一や、井上ひさしなども放送作家と作家を兼業していた人物として知られます。さらには34歳で亡くなった純文学作家の山川方夫も放送台本を執筆していました。なぜ、彼らは放送作家兼小説家というべき存在になったのでしょうか。

  • 言語聴覚士はどんな仕事?

    将来、どんな仕事をするのかを考えるにあたり、人の役に立ちたい、社会との関わりを持ちたいと思う人は多いでしょう。もうひとつ、これからの社会においてどのような需要があるのか、需要は増えていくのかという点も仕事選びにおいては重要です。

  • 海外の会社員生活はギャップ多し?

    日本企業は世界各地に進出しています。そのため、海外勤務を命ぜられることもあるでしょう。その場合、苦労するのは現地で採用した社員とのキャルチャーギャップの違いです。下川裕治による「本社はわかってくれない: 東南アジア駐在員はつらいよ」(講談社現代新書) には、そんな現地駐在員たちのトホホな事情が記されています。

  • フリーランスの年齢制限は?

    フリーランスの生き方を選ぶ人は多くいます。しかし、この仕事には事実上の年齢制限があるともいわれています。実際に、フリーランスの内訳はほとんどが20代や30代となっています。

  • マジシャンなぜ怪しい?

    マジシャンという職業があります。テレビに出ている有名なマジシャンといえば、ミスターマリック、マギー司郎、さらにマギー司郎の弟子であるマギー審司、あるいはナポレオンズといった人たちがよく知られているでしょう。最近ではセロといった人もいます。これらのマジシャンの風貌というのは、はっきり言ってしまえば怪しいものです。どこかうさんくささも伴います。なぜ、マジシャンの風貌は怪しいのでしょうか?

  • あなたは超大手ホテルの裏側を知っているか? 驚きのホテル裏話【ホテルマンのお仕事】

    1年365日、何万人もの利用客が巨大ホテル。外資系のホテルともなれば、国内外の客が多く押し寄せるのが観光地・日本だ。 それと比例するように、ドラマや映画のようなひと悶着や騒動が日々起こるのは当たり前のことである。 あなたは、華々しいホテルの仕事とは打っ

  • イジメられっ子の仰天復讐!同窓会幹事代行業者が見た、ドロドロ人間模様!(3)

    4年前、同窓会代行業をはじめた岡本幸二さん(仮名/42歳)。同窓会幹事代行業者が見た、ドロドロ人間模様最終回をご紹介します。 デカ女の恐ろしい告白 また、淡い恋心をいまだ引き摺る参加者もいました。 3年前の40代の同窓会を請け負ったときで

  • 人間同士のトラブルが大噴出!同窓会幹事代行業者が見た、ドロドロ人間模様!(2)

    4年前、同窓会代行業をはじめた岡本幸二さん(仮名/42歳)。 高い志しを持ち、誰もやっていないビジネスにチャンスを見出した彼。 しかしだ……相手は人間。普通の人もいれば、おかしなやつもいる。 彼が経験した同窓会に集まった人間たちの薄汚い人間模様、参加

  • あのときの恋心!嫉妬!恨み!同窓会幹事代行業者が見た、ドロドロ人間模様!(1)

    懐かしい同級生たちと再会できる同窓会。旧友と昔話に花を咲かせたいから参加したいのは山々だけど、言い出して幹事になるのはかなり大変。 事前連絡や出席・欠席の確認、会場の手配、レクリエーションの演出etc…。段取りが悪く、不評を買うと割に合わない。 しかし、そ

  • 買った途端に名簿が回る恐怖!霊感商法業者が語る手口と実態とは?(2)

    霊感商法に引っかかる人々……その数は減ることはない。それは神や仏にもすがりたいという思いが絶えることがないからだ。 その手口、実は蜘蛛の巣状に張り巡らされた綿密な根回しと心理学に基づいている。 今回話を聞いた川内氏は、現役の霊感商法業者。この業界に数十

  • 買わなきゃ地獄行きだよ!霊感商法業者が語る手口と実態とは?(1)

    霊感商法―悩みや苦しみを持つ者をターゲットに、霊感があるように振舞った悪徳業者・宗教法人関係者が先祖の因縁や霊障などを騙って不安を煽り、法外な値段の物品を売りつけたり、献金を受けたりする悪徳商法。 昭和後期の霊感商法相談件数は2,647件、被害金額は167億

  • 警察、病院、行政なんて怖くない!フリーライターはおいしい職業なのか?(2)

    フリーライター歴も今年になって15周年。 私、丸野裕行も38歳の大台になろうとしている。 アラフォー親父は、若者が読む音楽雑誌やファッション誌からも足を洗い、完全に大人が読むサブカル誌や週刊誌しか書かせてもらえなくなった。哀しいことだ。 苦節15年の

  • サービス満点のお店がいっぱい?! フリーライターはおいしい職業なのか?(1)

    フリーライター歴も今年になって15周年。 年齢も38歳になろうとしている、開業当時には想像もしなかったオヤジになった。 苦節15年、チャイニーズマフィアに取材したり、拉致監禁されたり、頭がおかしいバアさんに説教されたり、闇金融に潜入取材したり、 やること

  • サイバー警察との攻防劇!闇の職業安定所仕掛け人が語る(2)

    某広域暴力団第三次団体に所属する成川氏(仮名、39歳)は、この通称・闇職を利用していた張本人だ。ヤクザのシノギは、原則、仲間同士で行うものである。 だが、ヤクザ組織への就職者難が厳しくなったこのご時世。数少ない極道世界の担い手を簡単に懲役に飛ばすことなどでき

  • ネットでの犯罪仲間の募り方とは!闇の職業安定所仕掛け人が語る(1)

    “闇の職業安定所”とは非合法な金儲けや情報の交換を行うインターネット掲示板である。これを筆頭としたアングラサイトでは、主に犯罪加担型のアルバイトなどが募集される。 10年ほど前から頻発した強盗仲間を募った暴力団員の事件を皮切りに後を絶たぬ凶悪犯罪の共犯募集。

  • 箸の棒にもかからない珍発明ばかりにてんやわんや!『特許取得代行屋』

    発明ブームを作った『王様のアイデア』が全閉店したのは数年前のこと。 彼らが残したとんでもない功罪は、発明の楽しさと勘違い発明王を作り出してしまったことだ。 特許をとり、使用権で億万長者に…。そんな見果てぬ夢を追い求める自称・日本のエジソンたちが日本には数多

  • 大物俳優の一言で後遺障害が!スタントマンが話す危険マル秘ウラ話!(2)

    アメリカ映画ではCG技術などの進歩でスタントマンもお払い箱になる中、邦画界で未だに重要な役柄、重要なシーンを担うのがスタントマンという縁の下の力持ち的職業。 時と場合によっては、死と隣り合わせの職業でも、スタントマン志願者は後を絶たないという。 前回に引き

1 / 2 1 2 最後 »