いろんな職業・職種情報

  • 講師業のはじまりは通信講座?

    人に何かを教えるのが好きという人がいます。さらにビジネスや、あるいはプライベートなどにおいても、自分のノウハウを誰かに伝えたいと思う人は多いかもしれません。何かの講師業をしてみたい、という人はそれなりにいるのでしょうが、どのようにすればいいのかわからないという人も少なくないでしょう。例えば受験生に勉強を教えるような塾講師の仕事ならばすぐに見つかるのかもしれませんが、夢をかなえることやライフスタイルの講師となれば、やはりなかなかきっかけや、それなりの人脈やコネクションがなければ難しいのではないかと思われがちです。

  • 演劇は仕事になるのか?

    夢を叶える職業といえば、芸能人などのきらびやかな世界が思い浮かべられるでしょう。東京などの都市部には、そうした明日のスターを夢見て演劇活動などに精を出す舞台俳優と呼ばれる人たちがいます。さらにその舞台を作る美術や演出、脚本といった裏方の領域の仕事をこなしている人たちもいますね。この世界というのは、なかなか食えない世界であるとも言われています。

  • フリーランスの心得とは?

    フリーライターという仕事は、かつては出版業界を主とする仕事でありましたが、現在は主にウェブでの仕事に以降しつつあると言えるでしょう。しかしながら、フリーランスでなにかしらのクリエイティブな作業に関わることがある人に関しては、そこにおいては基本的に求められるものや心構えといったものは変わっていないと言えるでしょう。むしろ、そうしたものが普遍的でなければおかしいのではないでしょうか。

  • テレビ業界は悪夢?

    テレビ業界というのは、ブラックな労働環境がデフォルトであると言われています。夢を見て入ったとしても、そうした業界の惨状を目の当たりにして挫折してしまうといった話も聞かないわけではありません。

  • 寿司者に修行は必要?

    ホリエモンこと堀江貴文氏は、つねにセンセーショナルな発言で世間の注目を浴びています。少し露悪的な部分はあるにせよ、ずばっと本質を突いている側面があるのも確かでしょう。そのような堀江氏が2015年に物議を巻き起こしたのが「寿司屋に修行は必要なのか?」発言ですね。

  • 宇宙、天文で働くには?

    宇宙や天文といったものは、どこかロマンがあって憧れの世界です。そうした分野を仕事にしたいと思う人もいるかもしれません。いわば少年時代、少女時代の夢を叶えるようなものだと言えるでしょう。

  • 無職の定義は?

    無職という言葉はさまざまな意味で使われます。実際に収入があったとしても「無職みたいなもの」といった物言いがなされることもありますが、そもそも無職の定義とはどのようなものなのでしょうか。

  • フリーランスの世界を知る

    フリーランスで稼ぎたいけれども、どのような職種があるのかイメージがつかみにくいという人は多いのではないでしょうか。なんとなくフリーランスに憧れているだけでは、うまくいかないでしょう。さらに、場合によってはフリーランスという言葉の表面的なイメージとしてある自由な生き方に憧れすぎるあまり、本質を見失ってしまうということもあるでしょう。

  • 激務の基準は?

    激務と呼ばれる仕事があります。これはどのようなものを指すのでしょうか。激務な仕事と、激務ではない仕事の境目はどのあたりにあるのでしょうか。

  • 初生雛鑑別師とは?

    世の中にはさまざまな資格があります。資格があれば職業選択の幅が広がる、収入もアップするといったメリットがあります。そのなかで、マイナーでありながらも食いっぱぐれることのない資格として、初生雛鑑別師があります。

  • フリーランスの極意とは?

    フリーランスとして活躍したいと思う人は多いのではないでしょうか。組織に縛られない生き方に憧れを抱く気持ちはわからなくもありません。しかしながら、フリーランスにはフリーランスなりの辛さ、厳しさがあるのもまた確かなのです。

  • フリーランスの壁は40歳?

    自由業としてフリーランスの形で仕事を続けてゆきたい。そうした思いを持つ人はいるでしょう。収入は不安定でありながらも、完全に実力主義の世界であるので、評価されればその分収入にもつながっていきます。しかし、それはフリーランスのひとつの理想論としてはありますが、実際のところはどうでしょうか。

  • バイト体験を笑い飛ばす

    ほとんどの人は、アルバイトをした経験があるでしょう。そのアルバイトはどのようなものだったでしょうか。中には若気の至りで許されるわけではありませんが、不義理をはたらいて辞めてしまった人もいるかもしれません。そんな経験がある人でも、ある程度年齢を重ねた今ならば誰かに迷惑をかけたとわかりますが、当時は自分のことしか考えていなかったでしょう。

  • 編集長とデスクの違い?

    本を編集し、出版する出版社において、編集長やデスクといったポジションがあります。この両者の違いはどのようなものなのでしょうか?

  • 女性の職業を知る

    世の中には無数の職業がありますが、狭い視点にとどまっているとすべてが見えてこないこともあります。そうした時に役立つのが女性の職業研究会による『女性の職業のすべて〈2019年版〉』(啓明書房)です。

  • なるにはブックスとは?

    学生時代の図書室の思い出の本といえばなんでしょうか。ひとつに「なるにはブックス」はあるかもしれません。これは、職業の案内書というべきものです。お医者さんになるにはどうすればいいのか、放送記者になるにはどうすればいいのか、あるいは建築技術者になるにはどうすればいいのか、職業のなりかたや、心がまえなどが記された本です。

  • アニメプロデューサーになるには?

    アニメは、日本が世界に誇るサブカルチャーのひとつです。さらに、アニメは今や子供向けのものばかりではありません。テレビの深夜枠では多くのアニメ作品が放送されています。

  • 100円ライターのプライド

    100円ライターという言葉があります。タバコと一緒に売られている100円のライターのことではありません。これはものを書くライターを指す言葉です。100円ライターのように安い、使い捨てといった意味があり、どちらかといえば悪いイメージで使われます。しかし、自らを100円ライターと名乗り、その来歴を自伝的に記した本があります。それが岩本太郎による『炎上! 一〇〇円ライター始末記:マスコミ業界誌裏道渡世』(出版人)です。

  • 国連の公用語は何?

    国際連合はアメリカのニューヨークに本部を持つ、国際組織です。世界の多くの国が参加しており、公用語としていくつかの言語が採用されています。

  • ゲームクリエイターになるには

    ゲームが好きで、将来はゲームに関わる仕事がしたいという人は多いのではないでしょうか。しかしながら、ゲーム業界は多種多様な職種があるだけに、どこを目指せばいいのかわからないという人も多いでしょう。さらにゲームメーカーの求人募集などを見ると専門的なソフトの操作スキルが求められるなど、いわばスペシャリスト募集であり、未経験者はどこから入り込めばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

1 / 3 1 2 3 最後 »